Reuters logo
追加緩和必要、4月30日の日銀会合が良いタイミング=自民・山本氏
2015年4月1日 / 04:07 / 2年前

追加緩和必要、4月30日の日銀会合が良いタイミング=自民・山本氏

[東京 1日 ロイター] - 「アベノミクス」の仕掛け人である自民党の山本幸三衆議院議員は1日、ロイターのインタビューに応じ、日銀短観など最近の経済指標を踏まえた景気情勢には足踏み感があり、注意が必要と語った。物価がマイナスに陥る可能性も指摘し、追加緩和が必要だと述べた。追加緩和でも円安が加速するとは思わないとして、国際的に批判されることはないと述べた。

追加緩和のタイミングについて山本氏は、「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」が公表になる4月30日会合が「良いタイミングだ」と指摘。「景気が足踏み状況にある。物価もマイナスになる可能性がある」とし、「日銀として、2%目標に向かって断固対応する姿勢を示さないわけにはいかない」と緩和の強化を促した。

 

緩和手段については、国債以外にも、社債・REIT(不動産投資信託)などの買い入れ、付利をなくすなど、いろいろあると語った。

追加緩和に伴う円安への懸念には、米国の利上げ時期が後退しているいことを挙げ、「それほど円安にいかないと思う」と指摘。追加緩和は「世界経済にも貢献する」として、国際的な批判は浴びないと見通した。

山本氏は1月のインタビューでは「当面、緩和の必要はない」としていたが、足元の景気・物価情勢を踏まえ、量的緩和の強化を促した。「物価の落ち込みを見過ごすのは、中央銀行としてとるべき政策ではない」とも語り、日銀の姿勢が問われれば、海外から株の売り浴びせも懸念されるとした。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「インタビュー」と表示します。

吉川裕子 木原麗花

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below