Reuters logo
PB黒字化、成長依存でなく歳出削減で実行を=同友会代表幹事
2015年5月26日 / 08:29 / 2年前

PB黒字化、成長依存でなく歳出削減で実行を=同友会代表幹事

[東京 26日 ロイター] - 経済同友会代表幹事に4月27日に就任した小林喜光・三菱ケミカルホールディングス 取締役会長は、アベノミクス3年目の課題として、財政再建を成長依存ではなく、国債金利上昇回避のためきちんとした歳出削減により実現すべきだと指摘した。26日、ロイターのインタビューで明らかにした。

また、持続可能な経済に向けた好循環を作るため、規制緩和に取り組む必要性を強調した。同時に日銀は金利の上昇を抑制しつつ、出口戦略に取り組むというセンシティブな政策を求められる状況になるとの見解を示した。

日経平均が2万円を超えた足元の株価上昇については、株価収益率(PER)でみれば決してバブル的状況でないと語った。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。 (中川泉 編集:田巻一彦)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below