Reuters logo
シンガポール中銀、金融政策を据え置き
2016年10月14日 / 00:38 / 1年前

シンガポール中銀、金融政策を据え置き

[シンガポール 14日 ロイター] - シンガポール金融管理局(MAS、中央銀行)は14日、金融政策手段としているシンガポールドル(Sドル)名目実効レート(NEER)の政策バンドの幅・中央値を据え置き、政策バンドの上昇率を引き続きゼロ%とした。MASは、現行の政策バンドが、インフレおよび成長の短期的な弱さに対応するための一定の柔軟性をSドルに与えていると説明した。

MASは声明で「現行の政策バンドは、SドルNEERが、インフレおよび成長の短期的な弱さに対応するための一定の柔軟性を与えている」とするとともに「中期的な物価安定を確実とするために中立スタンスの政策が長期にわたって必要になると評価(assess)している」と述べた。

ロイターのアナリスト調査では、18人中16人が政策据え置きを予想したが、国外のリスク要因や成長低迷から4月の予想外の緩和に続く追加の緩和を2017年に実施する可能性があるとの見方も一部からでていた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below