Reuters logo
豪中銀、雇用と住宅市場を注視 物価上昇に自信=議事要旨
2017年5月16日 / 01:55 / 5ヶ月後

豪中銀、雇用と住宅市場を注視 物価上昇に自信=議事要旨

[シドニー 16日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)は16日、5月の理事会の議事要旨を公表した。来年初めまでにコアインフレ率が上昇することに自信を示す一方で、高水準の家計債務と軟調な労働市場を巡る懸念から金利を据え置いたことが明らかになった。

会合では雇用と住宅が焦点となった。「理事会は労働市場と住宅市場の動向を引き続き注意深く見守る必要があると判断した」としている。

中銀は5月の理事会で政策金利を過去最低の1.5%に据え置いた。

*この記事は内容を追加して送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below