Reuters logo
WRAPUP1: デクシア<DEXI.BR>がユーロ圏中銀の流動性支援策を利用との見方、近く救済策で合意か
2011年11月24日 / 21:54 / 6年前

WRAPUP1: デクシア<DEXI.BR>がユーロ圏中銀の流動性支援策を利用との見方、近く救済策で合意か

 [ブリュッセル 24日 ロイター] 経営難で解体が決まった仏・ベルギー系金融サービスグループのデクシア(DEXI.BR)は、ベルギー、フランス、スペイン、イタリア各国で中銀の緊急流動性支援ファシリティーを利用している。銀行関係者が24日明らかにした。

 デクシアが実際に、ユーロ圏各国の中銀を通じた資金調達を余儀なくされているとすれば、銀行間市場の流動性が一段とひっ迫する中、同社をめぐる状況が極めて深刻なことを示唆している可能性がある。

 ある欧州銀大手のアナリストは、欧州中央銀行(ECB)の緊急流動性供給制度は、非常にコストが高く、域内中銀の緊急流動性支援ファシリティーをデクシアが利用しているということは、状況が厳しいことを示していると指摘。「ECBに差し出す担保が底をつけば、域内中銀の緊急流動性支援策を通じてしか資金の調達が行えない状況に追い込まれる。良い兆候ではないことは明らか」と述べた。

 デクシアは10月、ベルギー銀行部門を国有化するとともに、フランス、ベルギー、ルクセンブルク3カ国から900億ユーロの政府保証を受ける救済策で合意した。

 だが保証合意に関する詳細はまだ最終的に取りまとめられておらず、今週に入り、デクシアに対する圧力が再燃していた。

 ベルギー政府は900億ユーロの政府保証枠のうち、60.5%を負担する見通し。

 だが債務危機は域内中核国まで飛び火しつつあり、ベルギー10年物国債の対独連邦債利回り格差はこの日、ユーロ導入以来の水準に拡大するなど、同国に対する市場の圧力は高まっている。

 ベルギーの国家債務は国内総生産(GDP)比で100%に達しているほか、総選挙実施からおよそ1年半たった現在でも新政権が正式発足しておらず、ベルギー国債に対する地合いをぜい弱にしている。

 前日にはベルギー政府がフランス政府に対し、救済コストの負担を増やすよう働きかけているとのベルギー紙の報道も伝わった。

 だがフランスも財政問題を抱えており、「トリプルA」格付けを失いかねない状況にあるため、デクシア救済問題を一層複雑にしている。

 このような状況の中、仏財務省筋は、デクシアへの借り入れ保証に関する暫定合意が数日以内に調印されると明らかにした。暫定合意は「10月の合意事項に基づくもので、数日以内に調印される」という。

 ベルギーのレインデルス財務相も23日、デクシアの事業再建計画に関して、欧州委員会と数日中に合意することを望んでいると述べている。

 域内企業に対する政府支援策については、欧州連合(EU)競争法および救済規則の観点から、欧州委の承認を得る必要がある。

 

 24日の欧州株式市場で、デクシア株価は一時34%急騰し、 0.36ユーロをつけた。終値はおよそ28%高の0.34ユーロ。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below