Reuters logo
NY外為市場=ドル急伸、底堅い米雇用統計で景気回復期待強まる
2009年8月7日 / 22:11 / 8年後

NY外為市場=ドル急伸、底堅い米雇用統計で景気回復期待強まる

ドル/円   終値    97.49/55

       始値    95.37/42

   前営業日終値    95.41/46

 

ユーロ/ドル 終値   1.4185/91

       始値   1.4373/78

   前営業日終値   1.4349/55

--------------------------------------------------------------------------------

 [ニューヨーク 7日 ロイター] 7日のニューヨーク外為市場でドルが急伸。朝方

発表された米雇用統計が底堅い内容となり、米経済に対する回復期待が強まった。

 ドル/円は2%強上昇し6月以来の高値をつけ、1日の上昇率も過去2カ月間で最大と

なった。ドルは対ユーロでも値上がりした。

 7月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が24万7000人減とアナリスト予想の減少

幅を大きく下回り、2008年8月以来の低水準となった。失業率も9.4%と前月の

9.5%から若干改善、失業率の前月比低下は08年4月以来となる。

 FXソリューションズ(ニュージャージー州サドルリバー)の首席市場アナリスト、ジ

ョゼフ・トレビサーニ氏は「これまでドルは好材料でも下落する傾向があったが、この日

の動きはそうした傾向が薄れつつあることに加え、経済成長のファンダメンタル的指標や

金利サイクルへの回帰を示しているのではないか」と語った。

 ドル/円JPY=は2.1%高の97.50円。

 ユーロ/ドルEUR=は1.3%安の1.4168ドルで、1日の下落率は過去1カ月で

最大。ユーロ/ドルは今週、昨年12月以来の高水準となる1.4446ドルをつける場

面もみられた。

 ポンド/ドルGBP=は0.6%安の1.6681ドルで、今週つけた10カ月ぶり高値

の1.70ドル強からさらに押し戻された。ドル/スイスフランCHF=は1.6%高の

1.0822スイスフラン。

原文参照番号[nN07383155](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した

記事でも380日以内であれば[ID:nN07383155]でご覧になれます。なお、契約の内容に

よっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below