Reuters logo
ユーロ圏金融・債券市場・終盤=ギリシャ国債と独連邦債の利回り格差が過去最高
2010年1月22日 / 19:00 / 8年前

ユーロ圏金融・債券市場・終盤=ギリシャ国債と独連邦債の利回り格差が過去最高

        (カッコ内は先物が欧州市場の前営業日終値比、現物が前営業日終盤)

             先物    現物利回り

3カ月物ユーロ(3月限)  99.310 (‐0.015)  0.302(0.278)

独連邦債2年物 1.117(1.117)

独連邦債10年物(3月限) 123.28 (+0.13) 3.200(3.199)

独連邦債30年物   3.981(3.988)

------------------------------------------------------------------------------

 [ロンドン 22日 ロイター] 22日のユーロ圏金融・債券市場で、ギリシャの財

政状況をめぐる根強い懸念を背景に、ギリシャ国債と独連邦債との利回り格差が一時過去

最高水準となった。

 オバマ米大統領が前日発表した金融規制案を受け、この日の株式相場は売りが優勢。た

だ一時の売りの勢いが弱まるにつれ、独連邦債価格はさえない動きとなった。

 ギリシャ公的債務管理庁(PDMA)のパパニコラウ長官はこの日、ロイターに対し、

月内にシンジケート団を通じてギリシャ国債30億─50億ユーロを発行する計画を明ら

かにした。期間は5─10年とし、2月にも追加発行を行う可能性が高いと語った。

 1717GMT時点で、10年物のギリシャ国債GR10YT=RRと独連邦債DE10YT=RRと

の利回り格差は302ベーシスポイント(bp)、前日終盤から14bp高、前週末から

は約20bp拡大した。

 ギリシャ国債発行計画の発表後、同利回り格差は一時318bpに拡大し、過去最高水

準をつけた。

 ラボバンクのストラテジスト、ジェレミー・ストレッチ氏は、巨額の財政不均衡に対す

るギリシャ政府の対応能力をめぐり、市場のなかで不安が根強い、と指摘した。

 CMAデータビジョンによると、ギリシャ国債のクレジット・デフォルト・スワップ(

CDS)スプレッド(5年物)は361.2bpと過去最高水準を更新した。CDSスプ

レッド1bpは、債務1000万ユーロに対する保証料1000ユーロに相当する。

 

 独連邦債先物3月限FGBLc1の清算値は123.15でほぼ変わらず。

 独連邦債10年物EU10YT=RR利回りは2.3bp上昇し3.218%。

 同2年物EU2YT=RRは1.112%とほぼ横ばい。

原文参照番号[nLDE60L217](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した

記事でも380日以内であれば[ID:nLDE60L217]でご覧になれます。なお、契約の内容よ

っては、原文がご覧いただけない場合もあります)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below