Reuters logo
UPDATE1: 米FRBの監督権限は金融政策運営のカギ、出口戦略立案にプラス=バーナンキ議長
2010年1月14日 / 20:54 / 8年前

UPDATE1: 米FRBの監督権限は金融政策運営のカギ、出口戦略立案にプラス=バーナンキ議長

 [ワシントン 14日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長は14日、金融機関に対するFRBの監督権限は金融政策運営のカギであり、異例の景気支援措置からの出口戦略を立てる上で役立つとの見解を明らかにした。

 議長は上院銀行委員会のドッド委員長(民主党)とシェルビー上院議員(共和党)に宛てた報告書で「FRBは銀行システムの監視に参加することで、中央銀行としての機能を果たす能力が大幅に高まる」と指摘した。

 米議会では現在、金融機関に対する監督権限の見直しが討議されており、上院銀行委員会はFRBから監督権限を切り離すことを検討している。

 バーナンキ議長は報告書のなかで、FRBが監督権限を持つことは、米経済を深刻なリセッション(景気後退)から救い出し、金融システムを保護するために導入された異例の支援措置を、いつどのようにして解除するべきかを政策担当者が判断する助けになるとの考えを示した。

 同議長は「監督する過程で得られる情報は、全般的な信用状況と金融セクターの安定性を政策担当者が評価するために役立ち、政策の緩和度合いを弱める適切なタイミングを計ることにも有益だ」と説明した。

 その上で、金融危機以前の段階でFRBを含む当局に「大きな欠陥」があったことを認め、FRBは欠陥を修復し、金融システム全般にわたるリスクに配慮するため、監督範囲を拡大させるとした。

 またFRBが広範なシステムの健全性に責任を負う唯一の機関となるべきではないものの、監督の中心的な役割を果たすべきだとし「FRBは全般的な金融システム規制のスキームに大きく貢献するに適している」との考えを示した。

 

原文参照番号[nN14201162](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nN14201162]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below