Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(2日)
2007年8月2日 / 07:44 / 10年後

東京マーケット・サマリー・最終(2日)

レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<外為市場> 17時現在

 ドル/円   118.80/85円   ユーロ/ドル 1.3660/65ドル

 ユーロ/円  162.34/37円

 午後5時過ぎのドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点からほぼ変わらず1

18円後半で取引されている。日経平均株価が上昇すれば、投資家のリスク許容度が高ま

り高金利通貨買い/円売り、逆に株価下落ならリスク解消シナリオから円が買い戻される

など、外為市場は引き続き株価動向に左右される展開が顕著になった。夕方にかけては一

進一退。市場の関心は欧州中銀(ECB)理事会に向けられている。

 

レポート全文: [JPY/J]

--------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

 日経平均 16984.11円(113.13円高)

      16652.80円─16999.16円 出来高 23億7758万株

 東京株式市場で日経平均は反発。1万6900円後半まで戻して引けた。朝方は米株反

発を好感して買いが先行したが、午後以降は乱高下。先物への仕掛け売りや海外勢からの

継続的な売りが出て、一時200円安となったものの、下値で別の海外勢からの買い戻し

などが入り引けは100円高となった。

 業種別では不動産や医薬品が買われる一方、銀行や保険、非鉄、輸送用機器などの下げ

がきつい。

 東証1部の騰落数は、値上がり867銘柄、値下がり725銘柄、変わらず134銘

柄。

レポート全文: [.TJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場>  17時06分現在

 無担保コール翌日物金利    0.500%(加重平均レート)

 3カ月物FB流通利回り    0.650%(変わらず)

 ユーロ円3カ月金先(08年3月限) 98.980(―0.010)

           安値/高値 98.960─98.995

 きょうの短期金融市場で、無担保コール翌日物の加重平均金利は前日の0.506%に

比べて小幅低下し、0.500%となった。レートを上げて資金を取り急ぐ動きは見られ

なかった一方で、誘導目標(0.50%)を大きく下回ることもなく安定して推移した。

ユーロ円3カ月金利先物は、日経平均株価の動きをにらみながら一進一退の値動きとなっ

た。足元の株価や為替の動きが安定せず、金先は方向感を定めづらい地合い。

 

 レポート全文: [JP/MJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<円債市場>

 10年国債先物中心限月・9月限(東証)133.18(─0.32)

                    133.13─133.43

 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 1.800%(+0.045)

                     1.795%─1.770%

 10年国債先物中心限月9月限は前日終値に比べて反落して取引を終えた。午前は前日

の米債安や国内株価の上昇を嫌気して売りが先行した後、10年利付国債入札を控えて様

子見ムードが強まった。午後は株価の乱高下を受けて、国債先物も値幅が拡大した。現物

市場は長期・超長期ゾーンを中心に軟調な展開となった。10年債入札は市場予想の範囲

内の結果だった。

 

 レポート全文: [JP/BJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<クレジット市場>

政保債(公営)10年  9.0─10bp 銀行債(みずほ)5年 18─19bp

地方債(都債)10年 10.0─11bp 電力債(東電)10年 18─19bp

 一般債市場では、米投資銀行ベアー・スターンズBSC.N<0#1235=JFI>のサムライ債

(円建て外債)が横ばい圏で推移した。スプレッドの気配(仲値)は、残存期間5年程度

で91ベーシスポイント(bp)。マーケットでは、米サブプライムローン(信用度の低

い借り手向け住宅ローン)問題を嫌う売り圧力は弱まっていないとみている。クレジッ

ト・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、野村ホールディングス(8604.T)

<0#8604=JFI>が上昇。5年物のプレミアムは38bpで取引された。

 レポート全文: [.JPCR]

--------------------------------------------------------------------------------

<スワップ市場>

 スワップ金利(15時40分現在の気配)

   2年物 1.15%─1.11%

   3年物 1.31%─1.27%

   4年物 1.45%─1.41% 

   5年物 1.57%─1.53%

   7年物 1.78%─1.74%

  10年物 2.03%─1.99%

 

 スワップ金利は上昇。国債先物の中心限月となる9月限が売り物がちになるにつれ、先

物ゾーンの払いが強まった。8月利上げ観測をめぐっての綱引きが続いており、金融政策

に敏感な短期ゾーンは受け/払いが交錯した。短期ゾーンの受けは海外勢が主体。

 レポート全文: [JPY/YYS]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          [東京 2日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below