Reuters logo
シドニー外為・債券市場=豪ドルは景気減速懸念で下落、債券は上昇
2008年10月15日 / 07:45 / 9年前

シドニー外為・債券市場=豪ドルは景気減速懸念で下落、債券は上昇

 [シドニー 15日 ロイター] 15日のシドニー外国為替市場の豪ドルの対米ドル

相場AUD=は、1週間ぶりの高値水準から下落し、過去2営業日の大幅な上昇分を幾分消

した。世界的なリセッション(景気後退)への懸念が再燃し、高利回り通貨に対する投資

意欲が減退した。

 これらの懸念は商品相場やアジア地域の株価を押し下げ、投資家らのキャリー取引解消

を促した。豪ドルは対円で1豪ドル=70円77銭と、前日のシドニー市場終盤の72円

63銭から下落している。

 0510GMT時点で豪ドルの対米ドル相場は1豪ドル=0.6978米ドルと、前日

のシドニー市場終盤の0.7105米ドルを下回っている。海外取引では1週間ぶりの高

値となる0.7239米ドルに上昇していた。

 ANZのシニア通貨ストラテジスト、トニー・モーリス氏は「世界経済が依然としてリ

セッションに向かっている上、商品相場が下がった。豪準備銀行(RBA、中央銀行)は

追加利下げする見通しだ。また(各国中銀による)公的金融支援策の詳細については依然、

かなりの不確定要素がある」と述べた。

 米国は米銀の資金融通を促すため、米銀に2500億ドルの公的資金を注入すると決定

したが、投資家らはこれを材料視しなかった。

 豪債券先物相場は上昇。株価が新たに下落する中、安全への逃避の資金流入が再開した。

金融市場がまた不安定な値動きとなったことで、RBAの大幅利下げが近づいていると

の見方が強まった。投資家らは来月の50ベーシスポイントの利下げを完全に織り込んで

おり、一部では11月4日のRBAの次回会合より前に利下げがあるとみる向きもある。

3年債12月限は0.07ポイント高の95.255、10年債12月限は0.04ポイ

ント高の94.57。

〔豪ドル/米ドル〕

0510GMT 0.6978

0100GMT 0.6914―16

前営業日終値  0.7105―09

〔10年物先物12月限〕(カッコ内は前営業日終値)

0510GMT 94.570(+0.040)

0100GMT 94.590(+0.060)

 

原文参照番号[nSYD368917](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した

記事でも380日以内であれば[ID:nSYD368917]でご覧になれます。なお、契約の内容に

よっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below