Reuters logo
重要指標の民間エコノミスト予想―5月25日/ロイター集計
2007年5月25日 / 06:25 / 10年前

重要指標の民間エコノミスト予想―5月25日/ロイター集計

<既に発表された統計>

発表日時            中央値 予想レンジ 発表数値 前月(前期)

--------------------------------------------------------------------------------

10日(木曜)

08:50 4月マネーサプライ(M2+CD、前年比、%)+1.1 +1.0─+1.2 +1.1a +1.1

14日(月曜)

08:50 3月経常収支(黒字額、億円)     29624 26500─31800 33172a 24175

08:50 4月企業物価指数(前年比、%)     +1.8 1.4─+2.4 +2.2a +2.0

15日(火曜)

08:50 ◎3月機械受注(民需除船電、前月比%) +1.3 -2.9─+3.5  +4.5a  -5.2

17日(木曜)

08:50 ◎1-3月期実質GDP(前期比、%)    +0.7 +0.3─0.8  +0.6a  +1.3

08:50 ◎1-3月期実質GDP(前期比年率)    +2.7  +1.0─+3.4  +2.4a  +5.5

18日(金曜)

08:50  3月第3次産業活動指数(前月比、%)  -0.7 -2.1─+0.3   -2.2a +1.0

23日(水曜)

08:50  3月全産業活動指数(前月比、%)    -0.5 -1.4─+2.5   -1.4a  +0.9

24日(木曜)

08:50 ◎4月貿易統計(黒字額、億円)     9537 5500─13320  9267a 16335

25日(金曜)

08:30 ◎5月東京地区コアCPI(前年比、%) 0.0 -0.1─+0.1   0.0a 0.0

08:30 ◎4月全国コアCPI(前年比、%)   -0.1 -0.2─0.0 -0.1a -0.3

aは発表された数値

--------------------------------------------------------------------------------

<今後発表される統計>

発表日時              中央値 予想レンジ  前月(前期)

-------------------------------------------------------------------------------

29日(火曜)

08:30 4月失業率(季調済、%)        4.0   3.9─4.1 4.0

08:30 4月有効求人倍率(季調済、倍)    1.03  1.02─1.05 1.03

08:30 4月家計調査(全世帯消費支出、%) +0.2  -1.7─+1.0 +0.1

08:50 4月小売売上げ(前月比、%)   -0.4  -0.8─+1.4 -0.7

30日(水曜)

08:50 ◎4月鉱工業生産速報(前月比、%)   +0.5  -1.3─+1.1 -0.6

31日(木曜)

14:00 4月住宅着工戸数(前年比、%)   -4.3  -7.1─+3.5 +5.5

◎は特に市場が注目する項目

-------------------------------------------------------------------------------

28─1日の週は、足元と先行きの景気を予想うえで4月鉱工業生産が注目される。

4月失業率/有効求人倍率:失業率は、3月の4.0%から変わらずとの見方が多かった。

4.0%は6カ月連続となる見込み。仮に3%台となれば、1998年3月(3.8%)

以来となる。厚生労働省が発表する4月有効求人倍率も1.03倍で、3月から変わらな

いとの予想が最も多かった。有効求人倍率は昨年7月に1.09倍と、直近ピークをつけ

た後、改善一服となっている。1月は1.06倍、2月1.05倍、3月1.03倍だっ

た。

4月家計調査:消費支出の予測中央値は前年比実質0.2%増となった。4カ月連続の増

加となる見通し。季節調整済み前月比の予想は0.2%減。

4月小売売上:前年比0.4%減となる見通し。7カ月連続のマイナスだが、下落幅は3

月のマイナス0.7%より縮小しそうだ。既に発表されている全国百貨店売上高も4月は

1.3%減と、3月の1.5%減からやや改善した。

4月鉱工業生産:予測中央値は前月比0.5%上昇となった。3月確報値の同0.3%低

下から、2カ月ぶりの上昇となる見通し。ただ経済産業省の予測指数である前月比1.5

%上昇を下回りそうだ。

4月住宅着工戸数:予測中央値は前年比4.3%減で、3カ月ぶりのマイナスとなる見通

し。季節調整済み年率換算戸数は127.9万戸と、120万戸を3カ月連続で上回ると

予想されている。国土交通省の外郭団体である建設経済研究所は、2007年度の着工戸

数を128.7万戸と予想している。

 (東京 25日 ロイター)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below