Reuters logo
米上院の景気対策法案、民主・共和両党が歩み寄り目指す
2009年1月30日 / 01:29 / 9年後

米上院の景気対策法案、民主・共和両党が歩み寄り目指す

 [ワシントン 29日 ロイター] 米上院共和党は、オバマ大統領の呼びかけに応じ、景気対策法案の審議で民主党と妥協点を探る方針。

 共和党は、減税を中心とする景気対策を求めており、法案規模は9000億ドル前後となる可能性がある。

 上院本会議は来週、景気対策法案の審議を開始する予定。

 下院は28日に8250億ドル規模の景気対策法案を可決したが、採決では共和党議員全員が反対に回った。

 バイデン副大統領は29日、上下両院協議会で法案をすり合わせる際に、一部の支出・税制条項を修正するかもしれないと発言、共和党に譲歩する可能性を示唆した。

 大型景気対策で財政赤字が拡大すれば、米経済の新たな問題となるリスクがある。シューマー上院議員は、金融機関の不良資産を買い取る「バッドバンク」の設立にかかる政府費用が最大4兆ドルとなる可能性がある、との見方を示している。

 マコネル上院院内総務(共和党)は「この重要な法案を成立させるため、法案に修正を加えていく」と発言。

 グラスリー上院議員(共和党)は、無駄な支出を減らす一方で、投資を拡大する必要があると主張している。

 民主党からも法案の修正を求める声が出る見通し。

 ドッド上院銀行委員長(民主党)は、住宅差し押さえの90日間猶予を法案に盛り込むことを求める可能性がある、と発言。

 コンラッド上院予算委員長(民主党)も「(景気対策法案に)このままで賛成するのは難しい」と発言。住宅の購入促進を目指す税額控除の対象を広げる必要があるとの考えを示した。

 オバマ大統領は2月中旬までに景気対策成立を目指しており、議会は審議を急ぐ方針。

 大統領は、議会で審議中の景気対策だけではなく、クレジット市場対策や金融規制改革を盛り込んだ総合経済対策をまとめる意向を示している。

 

 民主、共和両党は協議を続けているが、両党の関係に緊張が生じているのは明らかだ。

 リード上院院内総務(民主党)は「共和党の支持を得られると自信を持っているが(超党派の合意が成立しなくても)われわれの責任ではない」と発言。

 共和党のカイル上院議員は「法案の修正のため、できる限りのことをする。修正されなければ反対票を投じるか、議会で可能な手段をとる」として、審議を引き延ばす可能性を示唆した。

 

原文参照番号[nN29282009](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nN29282009]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below