Reuters logo
シドニー外為・債券市場=豪ドル1年2カ月ぶり高値更新、米決算への期待で
2009年10月13日 / 06:40 / 8年前

シドニー外為・債券市場=豪ドル1年2カ月ぶり高値更新、米決算への期待で

 [シドニー 13日 ロイター] 13日のシドニー外国為替市場の豪ドル相場は、米

企業の好決算で世界経済回復への確信が強まるとの観測により、対米ドルで1年2カ月ぶ

り高値を更新した。ニュージーランドでの小売売上高の統計が予想を上回ったことも支援

材料となった。

 豪ドルは0520GMT時点で1豪ドル=0.9072米ドル。一時は0.9096米

ドルまで値を上げた。前日のニューヨーク市場終盤は0.9065米ドル。

 コモンウェルス銀行のエコノミスト、サラ・ホーニグ氏は「米企業の好決算が豪ドルを

押し上げるとの観測が広がった。世界経済の回復や、豪準備銀行(RBA、中央銀行)の

利上げ継続への期待が拡大し、豪ドルはさらに上昇するだろう」としている。

 豪ドル相場は株式相場に影響されやすく、両者には正の相関が働く傾向がある。今週に

決算発表を予定する米主要企業は、インテル、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J

)、JPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックス、IBMなど。

 豪ドルは対円でも上昇し、1豪ドル81円60銭と9カ月ぶり高値である81円87銭

に接近している。前日終盤は81円40銭。

 豪ドルはキャリー取引や国内、世界経済の回復、資源価格上昇を受け、最近では主要通

貨の中で最も高い上昇率を記録している。対円での上昇率は比較的鈍いものの、リスク選

好度が高まるにつれ、今後数日で対円でも上昇する見通しだ。ウェストパック銀行の通貨

ストラテジスト、ジョナサン・キャベナー氏は「日本の年度での上半期が終わる現在が、

豪ドルの対円相場が他相場をアウトパフォームするタイミングとなるかもしれない」と話

した。

 円は長らく、低利の通貨を借りて高利の通貨などに投資するキャリー取引の原資となっ

てきたが、米ドルも低金利が続く公算が強まり、キャリー取引用通貨としての存在感が増

している。

 豪債券先物価格は上昇。前日の値下がりを受けた安値拾いの買いが入った。3年債先物

は0.05ポイント高の94.89、10年債先物は0.03ポイント高の94.615

となっている。

〔豪ドル/米ドル〕

0520GMT  0.9072

前営業日終値   0.9028

〔10年債先物12月限〕(カッコ内は前営業日清算値比)

0520GMT  94.615(+0.03)

原文参照番号[nSYD517915](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した

記事でも380日以内であれば[ID:nSYD517915]でご覧になれます。なお、契約の内容に

よっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below