Reuters logo
女性の雇用拡大や性格差改善は経済成長にプラス=IMF報告
2015年10月23日 / 04:04 / 2年前

女性の雇用拡大や性格差改善は経済成長にプラス=IMF報告

[ワシントン 22日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は22日、女性の雇用拡大や医療・教育における性格差の改善によって、経済成長は大きく押し上げられる、とのリポートを発表した。

性別による格差は、低所得・途上国で最も大きい。IMFによれば、国連の性別格差を示す指数が1段階改善されれば、経済成長率が約1%ポイント改善する。

これに基づくロイターの試算では、米国における男女格差が、最も格差の小さい国であるスロベニアの水準に改善すれば、成長率は2.5%近く押し上げられる。同様に、中国なら約2%ポイント、ブラジルなら4%ポイントの加速が期待できる。

リポートは、国際支援団体オックスファム主催のイベントで公表された。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below