Reuters logo
インド中銀が政策金利を6.25%に引き下げ、2010年11月以来の低水準
2016年10月4日 / 09:26 / 1年前

インド中銀が政策金利を6.25%に引き下げ、2010年11月以来の低水準

[ムンバイ 4日 ロイター] - インド準備銀行(中央銀行、RBI)は4日、政策金利であるレポレート を25ベーシスポイント(bp)引き下げ、6.25%とした。2010年11月以来の低水準となる。利下げは、全会一致での決定だった。

ロイター調査では僅差での判断になると予想されており、約40%が利下げ、約60%が据え置きを見込んでいた。

今回は9月に就任したウルジット・パテル総裁の下での初めての初の会合で、6人で構成する金融政策委員会(MPC)の合議制で政策金利を決定するのも、今回が初めてだった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below