Reuters logo
インドネシア、新たな石炭生産・輸出規制を検討=政府筋
2014年6月6日 / 18:53 / 3年前

インドネシア、新たな石炭生産・輸出規制を検討=政府筋

[ジャカルタ 6日 ロイター] - 世界最大の一般炭輸出国インドネシアが生産抑制と輸出管理強化に向けた新たな規制を検討していることが6日、政府関係者の話で分かった。来月初旬までに導入される可能性があるという。

インドネシアは現在、生産量の約70%を中国やインドなどに輸出している。だが政府は、国内の一般炭需要が今年、来年ともに13%増える見通しで、生産量を制限する必要があるとの考えを示している。

3月にロイターが実施した調査によると、インドネシアの石炭生産大手はいずれも、長引く低価格の影響を増産で補うことを目指すと回答した。

ブミ・リソーシズ(BUMI.JK)などインドネシア石炭大手の経営者は政治家との関係が強く、7月の大統領選挙が迫る中で、新規制の導入は難航する可能性がある。

また政府は輸出についても新規則を導入する意向で、石炭生産会社に輸出業者としての登録を義務付け、指定港湾からの輸出のみを認めることを検討している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below