Reuters logo
ボクシング=井上尚、KOで防衛 八重樫は1回TKO負け
2017年5月22日 / 00:09 / 4ヶ月前

ボクシング=井上尚、KOで防衛 八重樫は1回TKO負け

[21日 ロイター] - ボクシングの世界タイトルマッチが21日に東京・有明コロシアムで行われ、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥は同級2位のリカルド・ロドリゲス(米国)に3回でKO勝ちし、5度目の防衛に成功した。

井上尚は一時サウスポースタイルにスイッチするなど余裕の試合運びで相手を圧倒すると、3回に左の強打で2度のダウンを奪った。

一方、国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王者の八重樫東は、暫定王者ミラン・メリンド(フィリピン)に1回TKO負けを喫し、3度目の防衛に失敗した。

八重樫は左のフックを受けるなどして1回に3度ダウンを喫し、同級世界戦で最短タイムのKO負けとなった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below