Reuters logo
特別リポート:IS自爆要員の少年、家族に宛てた最後の手紙
2017年3月3日 / 07:45 / 8ヶ月前

特別リポート:IS自爆要員の少年、家族に宛てた最後の手紙

[モスル(イラク) 27日 ロイター] - 「親愛なる家族へ。どうか私を許してください」──。イラクのモスル東部にある過激派組織「イスラム国(IS)」訓練施設の埃っぽい廊下に捨て去られていた手紙には、そう手書きでしたためられていた。

 2月27日、ロイターは、過激派組織「イスラム国(IS)」の自爆要員となった少年たちが直接書いた手紙や志願書などを入手した。写真は、IS訓練施設に残されていた自爆要員の少年の写真が付いた志願書。イラクのアルビルで26日撮影(2017年 ロイター/Alaa Al-Marjani)

「悲しまないで。(喪に服すため)黒い服は着ないで。結婚したいと願ったが、かなわなかった。だからきっと神は、天国で私を72人の女性たちと結婚させてくれるだろう」

これは自らイラク兵に対する自爆攻撃を行って昨年死んだ少年、アラー・アブド・アキーディがこの訓練施設を出る前に、家族に宛てて書いた別れの手紙だ。

「兵士部、殉教団」のマークがあるISの書式でこの手紙は書かれており、封筒には両親が住むモスル西部の自宅の住所があった。

アキーディが同組織の訓練施設に入所したのは15歳か16歳のころだった。ジハード(聖戦)を行うため、過去2年から2年半の間に同施設で訓練を受けた大勢の若い戦闘員のなかの1人である。

「どうかわたしを許してください」―。イラク・モスルで暮らしていた10代の少年は、家族に宛てた手紙の中でそう綴り、過激派組織イスラム国(IS)の自爆要員として死んだ。いったい彼はなぜ、自爆要員になる道を選んだのか。

彼らは、場合によっては自爆攻撃も行う。自爆攻撃は、イラク都市部にある最後の主要とりで奪還を目指す米国支援の軍事活動に対する、ISの最も有効な武器である。

この手紙が家族に届くことはなかった。他の自爆要員が親類に宛てた一握りの書き置きとともに施設に残されていた。イラク軍の進撃により、昨年10月以降モスルの半分以上を失ったISが、この訓練施設を放棄したためだ。

ISはまた、徴募した戦闘員約50人の個人情報を含む手書きの登録簿を残していた。そのすべてに生年月日は記載されておらず、写真が添付されているものもわずか10人超だが、多くは10代あるいは20代前半だった。

IS訓練施設に残されていた勤務シフトの日誌(2017年 ロイター/Alaa Al-Marjani)

IS訓練施設に残されていた勤務シフトの日誌(2017年 ロイター/Alaa Al-Marjani)

このような文書は、イラク軍がモスル東部を奪還した後、当地へ向かった取材中にロイターが入手した。ISの自爆要員が直接書いた手紙が明らかとなるのは初めてであり、同組織の超過激思想のために死を覚悟した若い戦闘員の考えを理解するための知見を与えてくれる。

ロイターは、彼らがジハードを選んだ理由や出自を探るため、アキーディを含む戦闘員3人の親類にインタビューを行った。自爆要員の家族による貴重な証言から、10代の少年たちが失望や戸惑いからISに参加し、数カ月のうちに亡くなったことが明らかとなった。

登録簿にあった他の戦闘員についての情報をロイターは独自に確認することはできなかった。

<静けさを重んじよ>

ISは、イラクとシリアの一部地域を占拠し、2014年に宣言した「カリフ国家(預言者ムハンマドの後継者が指導する国家)」における最大都市モスルで、数千人の若い戦闘員を徴募した。同組織は中東で数百の自爆攻撃を実行し、西側諸国でも数十件の攻撃を計画、あるいはそうした攻撃に影響を与えていた。

ロイターが訪れた訓練施設は、モスル住民から没収した3つの住宅で構成されていた。各住宅は外壁に開けられた人間大の穴から容易に行き来できるようになっている。

IS訓練施設を通り抜ける近所の子どもたち(2017年 ロイター/Stephen Kalin)

IS訓練施設を通り抜ける近所の子どもたち(2017年 ロイター/Stephen Kalin)

下の階には、戦闘やコーランに関するテストのほか、ISのポスター、宗教や武器に関するパンフレットなどが散乱していた。緑色のペイントとベッドシーツで窓を覆い、外部からの視界を遮断しており、部屋は薄暗く不気味である。

ある部屋は、防弾チョッキと人の形をした射撃の標的であふれていた。また、クリニックとして使われていたと思われる部屋には、薬や注射器が散乱していた。

上の階の部屋には、約100人収容できる2段ベッドが詰め込まれていた。さまざまな厳格な規則が掲示されており、そのうち1つには「聖戦士の兄弟よ、静けさと清潔であることを重んじなさい」とある。

<忠誠心>

登録簿にある戦闘員の大半はイラク人だが、米国人、イラン人、モロッコ人、インド人も何人か含まれていた。アキーディの志願書によると、2014年12月1日に忠誠を誓っている。ISがモスルを占拠してから数カ月後のことだ。

親戚の1人が電話でロイターに語ったところによると、アキーディの父親は息子の決断にとても苦しんだが、ISから離脱させようとした場合の処罰を恐れたという。ロイターは父親と連絡を取ることはできなかった。

 2月27日、ロイターは、過激派組織「イスラム国(IS)」の自爆要員となった少年たちが直接書いた手紙や志願書などを入手した。写真は、自爆要員の少年が家族に宛てた最後の手紙。イラクのアルビルで26日撮影(2017年 ロイター/Alaa Al-Marjani)

アキーディはISに参加した後、家族のもとをめったに訪れなかった。最後に帰省したとき、アキーディは父親にバイジで自爆攻撃を行うと告げた。モスル南方の製油所がある同都市で、ISはイラク軍による攻撃を何度も撃退していた。

「彼は父親に『殉死する』と告げていた」と、この親戚は匿名で語った。ISや同地域に進攻する準備を進めるイラク軍からの報復を恐れ、名前を明らかにすることを拒否した。

数カ月後、アキーディの家族はISから、彼が成功を遂げたと伝えられた。

登録簿にあったアキーディと同じ年のもう1人の戦闘員、アシーア・アリの志願書にはパスポートに貼る大きさの写真が添付されており、濃い眉と茶色の目をした少年が写っていた。襟なしの濃い色のチュニックを着て、頭には茶色の布を巻き、緊張した面持ちでほほえんでいた。

イスラム国の登録簿にあったアシーア・アリの志願書(2017年 ロイター/Alaa Al-Marjani)

イスラム国の登録簿にあったアシーア・アリの志願書(2017年 ロイター/Alaa Al-Marjani)

父親のアブ・アミールさんはロイターに対し、息子は科学に秀でたずば抜けて優秀な生徒で、ナショナル・ジオグラフィックの番組をいつも見ていたと話した。近くの川で泳いだり魚をとったりすることが大好きで、学校が終わるとおじの農園を手伝っていたという。

<ひげも伸びない若さ>

アリは内気でやせており、戦闘員としての精神力や体格に欠けていたと、父親のアブ・アミールさんはモスル東部の自宅で行ったインタビューで、家族写真を選びながらこう答えた。

それ故、2015年初めのある日、アリが学校から帰らず、ISに加わるためクラスメート7人と逃走したときはひどくショックを受けたという。

アシーア・アリの子どものころの写真が添付されたIDカード(2017年 ロイター/Stephen Kalin)

アシーア・アリの子どものころの写真が添付されたIDカード(2017年 ロイター/Stephen Kalin)

息子の消息を求めてモスル市内にあるイスラム国の事務所をたずねると、刑務所に入れると脅されたという。

アブ・アミールさんが生きた息子を再び目にすることはなかった。

数カ月後、ピックアップトラックに乗った3人のIS戦闘員がアブ・アミールさんの自宅を訪ね、息子の名前が書かれた紙切れを渡した。息子は死んだのだった。

アブ・アミールさんは遺体安置所から息子の遺体を引き取った。髪は長く伸びていたが、ひげを伸ばすにはまだ若すぎた。爆弾の金属片が腕と胸に突き刺さっていた。

IS戦闘員から、息子はモスル北東部バシカで空爆を受けたと聞かされた。彼らは息子を「ヒーロー」と呼んでいたとアブ・アミールさんは話した。

居間に集まったアリの親戚は、アリが洗脳されたと語った。ISがモスルを支配した後、学校の友人の多くが同市を逃れ、アリは新たな仲間と付き合うようになった。しかし家族はアリの行動の変化に一度も気づかなかったという。

「今でも私は非常に驚いている。息子をどのように勧誘したのか見当もつかない」とアブ・アミールさんは言う。「息子を埋葬し、安らかに眠らせてあげることができてよかった」

アシーア・アリの墓前に立つ父親(2017年 ロイター/Stephen Kalin)

アシーア・アリの墓前に立つ父親(2017年 ロイター/Stephen Kalin)

<壊れやすい心>

シート・オマールが2014年8月にISに加わったのも、やはり15歳か16歳のころだった。同組織がモスルを支配してから数週間後のことだ。志願書には補足として「殉死作戦を実行」と書かれてあった。

オマールの姉妹の義理の父親であるシャラル・ユニスさんは、詳細は不明だが、オマールが自爆攻撃を行って死亡したことを確認した。

太っていて、精神的に不安定だったというオマールは、父親の死後、ISに参加したという。

「(オマールは)心が折れやすく、彼らはそれを利用した。女性をあてがうと約束し、良いイスラム教徒になるための説教を行った」とユニスさんは言う。「代わりに誰かが麻薬やアルコールで彼を誘惑していたら、恐らくそれに落ちただろう」

(Stephen Kalin記者 翻訳:伊藤典子 編集:下郡美紀)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below