Reuters logo
円安は米大統領選後の短期的動き、先行き判断適切でない=経済再生相
2016年11月18日 / 00:22 / 1年後

円安は米大統領選後の短期的動き、先行き判断適切でない=経済再生相

[東京 18日 ロイター] - 石原伸晃経済再生担当相は18日の閣議後会見で、1ドル110円台まで進んだドル高/円安について「輸出企業や輸入企業、幅広い経済に影響があり、しっかり注視していきたい」とコメントした。

 11月18日、石原経済再生相は、足元の円安は米大統領選後の短期的動きであり、先行きを判断することは適切ではないと述べた。首相官邸で1月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

同時に、足元の円安はトランプ次期大統領当選後の「短いスパンの変動(の影響)が1割程度ある」とし、先行きの動きを「判断するのは適切ではない」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below