Reuters logo
伊銀モンテ・パスキ救済策、ECBと欧州委が対立か 承認まだ 
2017年2月23日 / 20:18 / 7ヶ月前

伊銀モンテ・パスキ救済策、ECBと欧州委が対立か 承認まだ 

[ブリュッセル/フランクフルト 23日 ロイター] - 欧州委員会の報道官は23日、伊銀大手モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)(BMPS.MI)の救済策をめぐり、イタリア当局と欧州中央銀行(ECB)とともに取り組んでいるとの見解を示した。

同行は昨年、50億ユーロ(53億ドル)の増資が実現できず、イタリア政府に支援を要請した。だが依然として、欧州委、ECBのいずれからも承認を得られていない。こうした中、救済策をめぐり、欧州委とECBが対立し、協議が行き詰っているとの報道が浮上している。

欧州委の報道官は会見で、報道について聞かれ、「イタリア当局と監督当局とともに、伊政府の救済計画が欧州連合(EU)の規定に沿っているかを審査している」と答えた。

一方、ECBの報道官は「予備的な資本増強に関する合意は、伊当局と欧州委の責任」とし、「われわれは欧州委の審査を支援するため、全面的に協力している」とコメントした。

欧州委が救済策を承認するには、モンテ・パスキの資本不足に関するECBの分析が必要で、ECBによる最終的な取りまとめを待っている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below