Reuters logo
伊中銀副総裁が低インフレのリスク指摘 「放置すべきでない」
2016年5月23日 / 05:46 / 1年前

伊中銀副総裁が低インフレのリスク指摘 「放置すべきでない」

 5月23日、イタリア中銀のロッシ副総裁は23日、都内で講演し、低調なインフレ期待が経済にもたらす打撃に警戒感を示した。写真は同銀行のミラノ本部で1月撮影(2016年 ロイター/Stefano Rellandini)

[東京 23日 ロイター] - イタリア中銀のロッシ副総裁は23日、都内で講演し、低調なインフレ期待が経済にもたらす打撃に警戒感を示した。

心理的な影響やインフレ期待への悪影響を指摘し、中央銀行は低インフレを放置すべきでないと指摘した。

「欧州ではインフレ期待がゆらぐリスクがある。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が、ユーロ圏の金融政策スタンスは緩和的であらゆる措置が検討対象になると何度も言っているのはこのためだ」と述べた。

来月英国で実施される欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票については、「残留が決まれば信頼感が改善する」として、否定的なことばかりではないとの見方を示した。

ユーロ圏の経済と金融市場については、「外的ショックに対する耐性が大幅に増した」と指摘した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below