Reuters logo
「イスラム国」、ジャカルタ爆発・銃撃事件で犯行声明
2016年1月14日 / 04:31 / 2年後

「イスラム国」、ジャカルタ爆発・銃撃事件で犯行声明

[ジャカルタ 14日 ロイター] - インドネシアの首都ジャカルタ中心部で14日発生した、武装グループによる発砲・爆弾事件は、過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出した。事件で容疑者5人を含む7人が死亡した。イスラム教徒が過半数を占めるインドネシアで「イスラム国」が攻撃を行ったのは初めて。

攻撃は、スターバックス店舗や老舗デパートの付近で発生した。7人程度の武装集団が警官と銃撃戦となり、一部は自爆したとみられる。

容疑者以外では、警察官とカナダ人男性が死亡。オランダ人男性など17人が負傷した。容疑者のうち2人は身柄を拘束された。

「イスラム国」とつながりのある通信社は、「イスラム国の戦士がきょう午前、インドネシアの首都で外国人と外国人を保護する治安部隊をターゲットに武力攻撃を実行した」とメッセージアプリで表明した。

インドネシア警察は記者団に、「ISIS(イスラム国)が今回の攻撃に関与していることに疑いの余地はない」と述べた。

インドネシアに対しては以前、「イスラム国」が攻撃を示唆する警告を発していたことから、警察当局は警戒を強めていた。

警察の報道官によると、インドネシアを「スポットライトの下に置く」という警告を、「イスラム国」から受けていたという。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below