Reuters logo
追加緩和策で2案提示、マイナス金利議論で政府が中断要請=1月日銀会合
2016年3月18日 / 01:34 / 2年前

追加緩和策で2案提示、マイナス金利議論で政府が中断要請=1月日銀会合

 3月18日、日銀は、マイナス金利政策の導入を決めた1月28─29日の金融政策決定会合の議事要旨を公表した。写真は都内で2012年9月撮影(2016年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 18日 ロイター] - 日銀は18日、マイナス金利政策の導入を決めた1月28─29日の金融政策決定会合の議事要旨を公表した。会合では、追加緩和策についてマネタリーベースと資産買い入れを増額する量的・質的金融緩和(QQE)の拡大とマイナス金利付きQQE導入の2つの選択肢が示されていたことが明らかになった。マイナス金利導入の議論を受け、政府出席者が会議の一時中断を要請するなど混乱ぶりもうかがえる。

会合では多くの委員が、最近の国際金融市場の不安定化により「企業コンフィデンスの改善や人々のデフレマインドの転換が遅延し、物価の基調に悪影響が及ぶリスクが増大している」との認識を示し、「追加的な政策対応を行うことが適当である」との見解を表明した。

こうした議論を受けて黒田東彦総裁が、執行部に対して追加緩和策の選択肢を提示するよう指示。執行部は、マネタリーベースと資産買い入れを増額するQQEの拡大と、マイナス金利付きQQEの導入の2つのオプションを示した。

提案に対して多くの委員が、マイナス金利付きQQEの導入によって量・質・金利の3つの次元で追加緩和策を講じることが可能となるほか、金利全般に下押し圧力を加えることができるとの認識を示した。

また、当座預金を適用金利に応じて3階層に分ける執行部案は「日本の実情に適合した工夫が施されており、問題をかなりの程度解消する」(1人の委員)との意見も示された。

伊藤純夫

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below