Reuters logo
三菱電機が減収減益予想、専務「為替の悪化が要因」
2016年4月28日 / 06:32 / 1年前

三菱電機が減収減益予想、専務「為替の悪化が要因」

 4月28日、三菱電機が発表した2017年3月期連結業績予想(米国会計基準)は、売上高が前年比2.6%減の4兆2800億円、営業利益が同13.7%減の2600億円と、減収減益となる見通しだ。写真は都内で2015年10月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 28日 ロイター] - 三菱電機(6503.T)が28日発表した2017年3月期連結業績予想(米国会計基準)は、売上高が前年比2.6%減の4兆2800億円、営業利益が同13.7%減の2600億円と、減収減益となる見通しだ。前期に比べ円高水準にある為替レートが収益を圧迫する。

会見した三菱電機(6503.T)の松山彰宏専務は「一番の要因は為替変動による悪化だ」と述べ、売上高で1300億円、営業利益で500億円の押し下げ要因になることを明らかにした。前提為替レートは1ドル105円(前期121円)、1ユーロ120円同(同133円)。

会社の営業利益予想は、トムソンロイターがまとめたアナリスト19人の予測平均値3158億円を大きく下回っている。

熊本地震の影響で一部操業を停止している工場の影響については、業績予想に織り込み済みという。

三菱自動車(7211.T)の燃費データ改ざん問題の影響に関しては「報道で知っている限りなので業績予想には反映していないが、自動車機器ではトップグループの顧客なので何らかの影響が出てくる」との見通しを示した。

2016年3月期は売上高が前年比1.6%増の4兆3943億円、営業利益が同5.2%減の3011億円だった。重電システムで電力・公共案件の採算悪化や電子デバイスの不振が響き、3期ぶりの営業減益となった。

松山専務は中国の足元の状況について「エアコンの過剰在庫は少しずつ解消してきているが、まだその影響が残っている」と指摘。エレベーターについても「不動産の過剰在庫があり、エアコン在庫よりも(解消に)もう少し時間がかかる」と慎重な見方を示したが、下期にかけては「徐々にエアコン在庫がはけてくると、全般に緩やかに回復してくるのではないか」との見通しを示した。

志田義寧 編集:山川薫

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below