Reuters logo
日・サウジが経済協力方針「ビジョン2030」発表 9分野で連携
2017年3月13日 / 10:38 / 6ヶ月前

日・サウジが経済協力方針「ビジョン2030」発表 9分野で連携

 3月13日、安倍晋三首相(写真右)とサウジアラビアのサルマン国王(写真左)の首脳会談が行われた。両国は経済協力強化に向けた方針「日・サウジ・ビジョン2030」を発表した。代表撮影(2017年 ロイター)

[東京 13日 ロイター] - 安倍晋三首相とサウジアラビアのサルマン国王の首脳会談が13日行われた。両国は経済協力強化に向けた方針「日・サウジ・ビジョン2030」を発表した。

日本とサウジの41省庁・機関が参加し、エネルギー、医療、農業、インフラ、投資、文化など、9分野を協力の重点分野として設定した。先行プロジェクトとして政府間で11件、官民・民間同士で20件のプロジェクトの覚書に署名する予定。

具体的には、経済特区の新設を含む事業環境整備に向けた調査の開始、サウジでの自動車製造に関する実現可能性調査、サウジにおける製造業サプライチェーン構築の促進などがが含まれている。

また、経済産業省・東京証券取引所とサウジアラムコの間で、同社の東証での上場に向けた共同研究会の設置を検討することも盛り込まれた。

「日・サウジ・ビジョン2030」に関しては、昨年10月に第1回閣僚級会合がリヤドで開催された。同ビジョンは、サウジのムハンマド副皇太子が同4月に打ち出した、石油依存体質からの脱却や雇用拡大を目指す同国の成長戦略「サウジ・ビジョン2030」を日本が支援し、日本の成長戦略とのシナジーを目指すのが目的。

世耕弘成経産相は10日の会見でサウジとの経済協力について「これまでの、石油や石油化学を中心とした日サウジ関係のウイングを広げ、ビジョン2030と日本の成長戦略がシナジー効果を発揮する、という協力関係を構築したい」と述べた。

宮崎亜巳

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below