Reuters logo
J&Jに損害賠償支払い命令、ベビーパウダー関連のがん死亡で
2016年2月24日 / 05:46 / 2年前

J&Jに損害賠償支払い命令、ベビーパウダー関連のがん死亡で

[23日 ロイター] - 米ミズーリ州巡回裁判所の陪審は22日夜遅く、米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)(JNJ.N)が販売するタルク(タルカム)を原料とする衛生用品「ベビーパウダー」と「シャワートゥシャワー」の使用と関連のある卵巣がんで死亡した女性の家族に対し、7200万ドルの損害賠償を支払うよう命じた。

 2月23日、米ミズーリ州巡回裁判所の陪審は、米日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソンが販売するタルクを原料とする衛生用品「ベビーパウダー」などの使用と関連のある卵巣がんで死亡した女性の家族に対し、7200万ドルの損害賠償を支払うよう命じた。写真は同社のベビーパウダー。コロラド州の店舗で2009年4月撮影(2016年 ロイター/Rick Wilking)

被害者家族の弁護士と裁判記録によると、被害者家族には損賠賠償として1000万ドル、懲罰的損害賠償として6200万ドルの支払いが命じられた。

J&Jは消費者に対し数十年にわたり、タルクを使用した製品にはがんを引き起こす恐れがあることについて警告するのを怠ったとして訴えられている。同社を相手取った訴訟の数は同裁判所で約1000件に上り、このほか200件がニュージャージー州で起こされている。

J&Jの広報担当キャロル・グッドリッチ氏は「われわれは消費者の健康と安全性については十二分の責任を持っており、裁判の結果には失望している。原告の家族に対しては気の毒に思うが、化粧品用タルクの安全性は数十年におよぶ科学的証拠によって裏付けられていると確信している」との見解を示した。

米ミズーリ州巡回裁判所の陪審が、米日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)に対し、同社製品でがんになり死亡したとする顧客の家族に損害賠償を支払うよう命じたと報道されたことを受けて、ツイッター上では製品の安全性などを問う消費者の声であふれた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below