Reuters logo
高速取引の市場への影響などテーマに審議会を新設=麻生金融相
2016年4月8日 / 00:32 / 1年前

高速取引の市場への影響などテーマに審議会を新設=麻生金融相

 2月8日、麻生太郎金融担当相は閣議後会見で、高速取引の市場への影響や資産運用の高度化などについて議論する新たな有識者会議を立ち上げると発表した。写真は都内で昨年10月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 8日 ロイター] - 麻生太郎金融担当相は8日の閣議後会見で、高速取引の市場への影響や資産運用の高度化などについて議論する新たな有識者会議を立ち上げると発表した。

会議では、金融機関による顧客本位の業務運営のあり方のほか、金融とIT(情報技術)を融合したサービス「フィンテック」への対応も検討し、家計による安定的な資産形成のための環境整備につなげる方針。

麻生担当相は、高速取引の急増が「昨今の相場急変動の要因の1つになっているのではないか、中長期的な企業の収益性に着眼した株価形成が阻害されているのではないかとの指摘も出ている。取引の高速化が市場の公正性、透明性、安定性などに及ぼす影響について検討していくことが重要だ」と述べた。

麻生担当相は4月中に金融審議会(首相の諮問機関)総会に諮問を行なう。

*内容とカテゴリーを追加します。

和田崇彦

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below