その他

注目の商品

コラム:韓国ウォン急落シナリオの現実味=村田雅志氏

2012年 11月 14日 16:15 JST
 
  • Mixiチェック

村田雅志 ブラウン・ブラザーズ・ハリマン シニア通貨ストラテジスト

[東京 14日 ロイター] 現在、底堅く推移している韓国ウォンだが、筆者はその先行きに対して慎重な見方を持っている。なぜなら、たとえ韓国の格付けが相対的に高い水準にあるとしても、ウォンが市場のリスク回避姿勢に対して脆弱と考えられるからだ。

その理由を説明するためには、まず春先以降のウォン相場の動きとその背景要因を押さえておく必要がある。

韓国景気が春先から減速感を強めるなか、北朝鮮が4月に「人工衛星」を打ち上げたことで地政学的リスクも高まり、ウォンは4月初めの1ドル=1120近辺から5月下旬に1180近辺まで下落した。しかし、6月に入ると上昇基調に転じ、11月14日午前11時現在1ドル=1080台後半と、ギリシャ債務危機が本格化する前の2011年9月中旬以来のウォン高水準で推移している。

韓国の輸出企業500社を対象に実施した大韓商工会議所の調査によれば、6割弱の企業でウォン高による被害が発生しているという(調査対象企業の輸出採算レートは平均1ドル=1086ウォン)。また、同会議所はウォン高による輸出採算性の悪化が韓国経済を脅かすとも警告している。韓国景気の減速に加えて、韓国中銀が7月と10月に2度の利下げを実施したにもかかわらず、ウォンが輸出採算レート近辺まで上昇している点は注目に値するだろう。

ウォンがここまで上昇した背景の一つに韓国国債の格上げがある。欧米系主要格付け会社3社は8月下旬から9月中旬にかけて韓国債の格付けを相次いで引き上げた。ムーディーズ・インベスターズ・サービスは8月27日、韓国の外貨及び自国通貨建て長期債務の格付けを「A1」から「Aa3」に1段階引き上げた。「Aa3」は最上位から4番目でマレーシアの「A3」より高く、日本や台湾、中国と同水準。依然としてBクラスにとどまるインドネシア、フィリピン、タイと比べると韓国の信用格付けが一段高い水準にあることがわかる。

また、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は10月下旬、欧州の景気低迷と住宅不況で打撃を受ける恐れがあるとしてフランスの金融機関3社を格下げした。スペインやイタリアといったユーロ圏の高債務国だけでなく主要国ですら信用リスクが高まりつつある状況のなかで、韓国の格付けが日本と同水準に格上げされたことで、先進国を中心に韓国への資本流入が拡大した。

韓国中銀が利下げに対して慎重な姿勢を続けているのもウォンを下支えしている。同中銀は7月に25ベーシスポイント(bp)の利下げに踏み切ったものの、それまでは景気減速にもかかわらず利下げを見送ってきた経緯がある。11月9日に開催された中銀会合の声明でも「(韓国景気の)低成長は続いているが、最近は景気の落ち込みが緩やかになっている」と指摘し、政策金利を2.75%で据え置いた。金総裁は政策金利が適正水準から遠くないと発言し、追加利下げには慎重な姿勢を示し続けている。   続く...

 
各チャートをクリックすると詳細チャートにジャンプします。為替情報は10分ごとに更新されており、約10分前の相場を表示しています。

この記事に対する皆さんのコメントをお寄せください

コメント投稿の注意
blog comments powered by Disqus

注目の商品

11月14日、ブラウン・ブラザーズ・ハリマンのシニア通貨ストラテジスト、村田雅志氏は、市場のリスク回避志向が今後強まれば、ウォンが急落するシナリオも現実味を帯びると指摘。提供写真(2012年 ロイター)

ドル円相場予想

写真
107円台かそれ以上
106円台
105円台
104円台
103円台
102円台
101円台
100円台
99円台
98円台
97円台かそれ以下
*統計に基づく世論調査ではありません。

外国為替フォーラム