その他
PR

津波の危険、過小評価と指摘

2011年 06月 1日 02:08 JST
 
  • Mixiチェック

 福島第1原発事故の原因解明に向け来日中の国際原子力機関(IAEA)の調査団がまとめた報告書の素案が31日、明らかになった。津波の危険性を過小評価していたと指摘したほか、規制当局の経済産業省原子力安全・保安院の独立性などを求めている。

 調査団は6月1日に官邸を訪れ、日本政府に手渡す。

 IAEA関係者によると、素案は「津波の危険性は明らかに過小評価されていた」として「原発の設計者や運営者は、天災のリスクの評価手法を最新の基準に更新し、きちんと評価すべきだ」と注文をつけた。

 保安院について「定期的な審査も含めて、深刻な事故に適切に対処し、取り締まりの独立性が保たれるべきだ」と言及。IAEAが過去にも指摘したのに引き続き、保安院の独立性を確立するよう求めた。

 
 

注目の商品

津波の危険、過小評価と指摘

外国為替フォーラム

写真

集団的自衛権が国連憲章に導入された70年前の経緯をたどると、政治対立を反映した「妥協の産物」だったことが見えてくる。

ロイターの公式アカウントはこちら!