津波の危険、過小評価と指摘

2011年 06月 1日 02:08 JST
 
  • Mixiチェック

 福島第1原発事故の原因解明に向け来日中の国際原子力機関(IAEA)の調査団がまとめた報告書の素案が31日、明らかになった。津波の危険性を過小評価していたと指摘したほか、規制当局の経済産業省原子力安全・保安院の独立性などを求めている。

 調査団は6月1日に官邸を訪れ、日本政府に手渡す。

 IAEA関係者によると、素案は「津波の危険性は明らかに過小評価されていた」として「原発の設計者や運営者は、天災のリスクの評価手法を最新の基準に更新し、きちんと評価すべきだ」と注文をつけた。

 保安院について「定期的な審査も含めて、深刻な事故に適切に対処し、取り締まりの独立性が保たれるべきだ」と言及。IAEAが過去にも指摘したのに引き続き、保安院の独立性を確立するよう求めた。


 
 
写真

ギリシャ観光業「書き入れ時」直撃

資本統制は最悪のタイミングでギリシャ経済を襲った。観光がピークシーズンを迎えようという正ににその時にやってきた。
  記事の全文 | 関連記事 

 

注目の商品

津波の危険、過小評価と指摘

外国為替フォーラム

写真
脱デフレへ「円安期待」維持を

日本の根強いデフレ心理を拭い去るためには、理論値をやや下回る円安期待の維持が必要になると新生銀の政井貴子氏は指摘。  記事の全文 

 
写真
ギリシャ離脱か、今後の行方

ユーロに離脱規定がない以上、ギリシャが残留を希望すれば、デフォルト後も居座りは可能と第一生命経済研の田中理氏は指摘。  記事の全文 

 
米利上げ前に円高到来か=亀岡裕次氏
 
ドル円続伸阻む日米事情=内田稔氏
 
株高「サマーラリー」は続くか=岩下真理氏
 
ユーロはなぜ堅調なのか=唐鎌大輔氏
写真
「反ユーロ」の口実与えるな

ECBはユーロ脱退へとギリシャを導く口実をチプラス首相に与えてはならない。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
中国軍事力は「紙の龍」か

中国は自国近海から遠い出来事への介入には無力だ。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
動き出した成長エンジン

ネット通販や外国人客増加で、非製造業が成長エンジンに。  記事の全文 | 関連記事 

 
内政挫折のオバマ氏が狙う外交「遺産」
 
「中国IPOの狂乱」体現する国泰君安証券
 
「イスラム国」との戦争はどう終わるのか
写真
中国「犬肉祭り」に思うこと

「犬を食べるのと、牛や豚や羊など他の家畜を食べるのと何が違うんだ」──中国国内でも物議を醸す「犬肉祭り」の地元住民はこう語る。  記事の全文 | スライドショー 

ロイターの公式アカウントはこちら!