グーグル、タブレット端末「ネクサス7」を国内で今日発売

2012年 09月 25日 14:41 JST
 
  • Mixiチェック

[東京 25日 ロイター] 米グーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報, レポート)は25日、日本国内でタブレット端末「ネクサス7」を発売したと発表した。グーグルのインターネットサービス「グーグルプレイ」で同日から販売を開始。10月2日からは全国の家電量販店で販売する。

16ギガバイト(GB)モデルで価格は1万9800円。

ネクサス7は米国で今夏、199ドル(8GBモデル)、249ドル(16GBモデル)の価格で発売。日本は9カ国目の投入で、最も人気の高い16GBモデルを持ち込んだ。

日本市場では、競合するアップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)の「iPad(アイパッド)」の価格が4万2800円(16GBモデル)からとなっており、ソニー(6758.T: 株価, ニュース, レポート)が15日に発売した「Xperia(エクスペリア)タブレット」の価格は4万円(16GBモデル)。

<電子書籍と映画販売を開始>

ネクサス7は、台湾の華碩電脳(アスーステック・コンピューター)(2357.TW: 株価, 企業情報, レポート)が製造しているが、グーグルのブランド初のタブレット端末。7インチの画面サイズで、重量は340グラム。最新OSの「アンドロイド4.1」を搭載。

グーグルの「Gメール」、「グーグルマップ」、「ユーチューブ」などがインストールされており、パソコンなどですでに利用しているグーグルのアカウントでサインインすれば情報を共有することができる。

コンテンツサービスの「グーグルプレイ」が使いやすい端末で、日本では電子書籍サービスを25日に開始。すでにグーグルプレイの映画サービスは1000作品以上がレンタルできるが、同日からソニー・ピクチャーズエンタテインメントとパラマウントが提供する映画の販売も開始した。   続く...


 
 
写真

財政攻防、「第三者」の仲裁

激しい攻防が水面下で展開された安倍政権の「骨太の方針」。舞台裏では「第三者」による瀬戸際での異例の仲裁があった。
  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

9月25日、米グーグルは、日本国内でタブレット端末「ネクサス7」を発売したと発表した。サンフランシスコで6月撮影(2012年 ロイター/Stephen Lam)

外国為替フォーラム

写真
ギリシャ離脱か、今後の行方

ユーロに離脱規定がない以上、ギリシャが残留を希望すれば、デフォルト後も居座りは可能と第一生命経済研の田中理氏は指摘。  記事の全文 

 
写真
サービス生産性革命に現実味

日本経済にとって長年の課題であるサービス産業の生産性向上は脱デフレで現実味を増すとSMBC日興証券の嶋津洋樹氏は分析。  記事の全文 

 
脱デフレへ円安期待維持を=政井貴子氏
 
米利上げ前に円高到来か=亀岡裕次氏
 
ドル円続伸阻む日米事情=内田稔氏
 
株高「サマーラリー」は続くか=岩下真理氏
写真
国民投票する「真の理由」

ユーロ離脱に近づくギリシャが国民投票する「本当の理由」とは。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
ギリシャ観光シーズン直撃

観光シーズンを迎えるまさに最悪のタイミングで資本統制が始まった。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
「口先」以上のテコ入れを

中国株回復には単なる「リップサービス」以上のものが必要だ。  記事の全文 | 関連記事 

 
中国「軍事力」が米国に遠く及ばない理由
 
内政挫折のオバマ氏が狙う外交「遺産」
 
動き出した「非製造業」の成長エンジン

ロイターの公式アカウントはこちら!