WHO、福島原発事故の最大の被災地でがん発症リスク高いと分析

2013年 02月 28日 20:15 JST
 
  • Mixiチェック

[ジュネーブ 28日 ロイター] 世界保健機関(WHO)は28日、2年前の福島第1原子力発電所の事故で放出された放射能物質による汚染被害が最も大きかった地域では住民が特定のがんを発症する生涯リスクが高いとの分析を明らかにした。

WHOは200ページに及ぶ健康リスク評価リポートの中で「福島の事故に起因すると認められる健康リスクの高まりは日本国外では見込まれていない。日本に関しては、最も被害が甚大だった地域で、特定の年齢、性別において特定のがんを発症する生涯リスクが基準値を上回る可能性がある」としている。


 
 
写真

ギリシャに反EU政党の支持

ギリシャのチプラス首相に、各国の反EU政党から支持が集まっている。世論の同情で、自らへの支持が拡大すると期待する。
  記事の全文 | 特集ページ 

注目の商品

2月28日、WHOは、2年前の福島第1原子力発電所の事故で放出された放射能物質による汚染被害が最も大きかった地域では住民が特定のがんを発症する生涯リスクが高いとの分析を明らかにした。写真は福島第一原子力発電所。昨年5月の代表撮影(2013年 ロイター)
写真
ギリシャ観光シーズン直撃

観光シーズンを迎えるまさに最悪のタイミングで資本統制が始まった。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
反ユーロの口実与えるな

ECBはユーロ脱退へとギリシャを導く口実をチプラス首相に与えてはならない。  記事の全文 

 
写真
中国軍事力は「紙の龍」か

中国は自国近海から遠い出来事への介入には無力だ。  記事の全文 | 関連記事 

 
動き出した「非製造業」の成長エンジン
 
内政挫折のオバマ氏が狙う外交「遺産」
 
「中国IPOの狂乱」体現する国泰君安証券
最新ニュースのほか、ブログやコラム、スライドショーなどの情報をお届け!