その他

消費税は6年後に20%まで引き上げを=アニール・カシャップ教授

2012年 03月 22日 11:36 JST
 
  • Mixiチェック

「欧州問題が落ち着けば、市場の次の関心は日本に向かう。危機が始まる前に行動を起こすべきだ」とシカゴ大学教授でニューヨーク連銀の経済諮問委員会委員を務めるアニール・カシャップ氏は警鐘を鳴らす。

消費税、デフレ対策、成長戦略に関する同氏の提言は以下の通り。

●危機が始まる前に消費増税を急げ

第一に、日本は財政の健全化を急がなければならない。支出を減らすとともに、消費税の増税が必要だろう。

私は消費税を段階的に引き上げ、向こう6年間で20%にする案に賛成だ。欧州問題が落ち着けば、市場は日本に注目し始めるだろう。日本政府は、危機が始まる前に行動を起こすべきだ。

●事実上のインフレ目標の達成は必須

第二に、日銀は(2月の金融政策決定会合で決めた事実上の)インフレターゲットを是が非でも達成しなければならない。米連邦準備理事会(FRB)による非伝統的な金融政策は、デフレ対策として有効であることが証明された。一方で、失策を繰り返した日銀の過去の議論は説得力に欠くことが分かった。

今のままでは、借り手から貸し手への意図せぬ所得移転は、わずかしかリバランスされないだろう。デフレにつながる政策の継続に賛成する理由は見当たらない。   続く...

 

日本は何をすべきか―提言のポイント

電力自由化促進、エネルギー政策改革

Placeholder

18

規制・制度改革を柱とする成長戦略

Placeholder

13

財政再建、国家予算の抜本的見直し

Placeholder

13

政治ガバナンスの質の向上

Placeholder

12

各種規制機関の透明性・独立性確保

Placeholder

4

被災地への権限委譲による復興加速

Placeholder

8

企業統治改革、経営手法の刷新

Placeholder

3

TPPやFTAなど通商貿易協定の推進

Placeholder

3

海外人材の登用・活用、移民政策の推進

Placeholder

4

農業水産業分野の再生

Placeholder

6

この記事に対する皆さんのコメントをお寄せください

コメント投稿の注意
blog comments powered by Disqus

注目の商品

アニール・カシャップ氏は、シカゴ大学ビジネススクール教授。ニューヨーク連銀の経済諮問委員会の委員のほか、シカゴ連銀の顧問も務める。米連邦準備理事会(FRB)のスタッフ・エコノミストなどを経て、1991年よりシカゴ大学で教鞭をとる。全米経済研究所(NBER)の日本経済ワーキンググループの共同幹事でもある。