消費税は6年後に20%まで引き上げを=アニール・カシャップ教授

2012年 03月 22日 11:36 JST
 
  • Mixiチェック

「欧州問題が落ち着けば、市場の次の関心は日本に向かう。危機が始まる前に行動を起こすべきだ」とシカゴ大学教授でニューヨーク連銀の経済諮問委員会委員を務めるアニール・カシャップ氏は警鐘を鳴らす。

消費税、デフレ対策、成長戦略に関する同氏の提言は以下の通り。

●危機が始まる前に消費増税を急げ

第一に、日本は財政の健全化を急がなければならない。支出を減らすとともに、消費税の増税が必要だろう。

私は消費税を段階的に引き上げ、向こう6年間で20%にする案に賛成だ。欧州問題が落ち着けば、市場は日本に注目し始めるだろう。日本政府は、危機が始まる前に行動を起こすべきだ。

●事実上のインフレ目標の達成は必須

第二に、日銀は(2月の金融政策決定会合で決めた事実上の)インフレターゲットを是が非でも達成しなければならない。米連邦準備理事会(FRB)による非伝統的な金融政策は、デフレ対策として有効であることが証明された。一方で、失策を繰り返した日銀の過去の議論は説得力に欠くことが分かった。

今のままでは、借り手から貸し手への意図せぬ所得移転は、わずかしかリバランスされないだろう。デフレにつながる政策の継続に賛成する理由は見当たらない。   続く...

 
写真

生き続ける「リーマンの亡霊」

世界的金融危機をもたらしたリーマンショックからは、すでに7年近くが過ぎた。しかし、その余波は、今になってようやく全容が見えつつある。  記事の全文 

 

注目の商品

アニール・カシャップ氏は、シカゴ大学ビジネススクール教授。ニューヨーク連銀の経済諮問委員会の委員のほか、シカゴ連銀の顧問も務める。米連邦準備理事会(FRB)のスタッフ・エコノミストなどを経て、1991年よりシカゴ大学で教鞭をとる。全米経済研究所(NBER)の日本経済ワーキンググループの共同幹事でもある。

外国為替フォーラム

写真
「リスクオンの円安」継続へ

3月以降の商品高・ドル安基調が緩やかながらも維持されることで、「リスクオンの円安」は継続すると、大和証券の亀岡裕次氏は予想。  記事の全文 

 
写真
原油に波乱再び、6月下落か

底打ち感が強まる原油相場だが、6月には下値方向で波乱がありそうだと、資源・食糧問題研究所の柴田明夫代表は指摘。   記事の全文 | ビデオ 

 
米国経済に悲観無用=村上尚己氏
 
年内ドル110円か130円か=佐々木融氏
 
ユーロ高示唆する欧州株高=斉藤洋二氏
 
米利上げ「時機」逸したか=鈴木敏之氏
 
GDPに歪み、勝負は7月=岩下真理氏
写真
残る「リーマンの亡霊」

リーマンショックの傷跡は、いまだに至る所に残っている。  記事の全文 

 
写真
FIFA内部の闇に挑む

幹部9人の起訴は衝撃だが、決して予想外の事態ではない。  記事の全文 

 
写真
米国の「危険な賭け」

南シナ海で人工島建設する中国に対し、米軍関係者は強硬姿勢を訴え。  記事の全文 | 関連記事 

 
限界に近づく中国株ブーム
 
ギリシャ最良の道は「2度目の総選挙」
 
中国の不良債権、日本の「失敗」に学べ
写真
金融機関にも調査の手

FIFA副会長含む14人が贈収賄に関与したとして米当局に起訴された問題で、12以上の金融機関も関与の疑い。  記事の全文 | 関連記事 

ロイターの公式アカウントはこちら!