消費税は6年後に20%まで引き上げを=アニール・カシャップ教授

2012年 03月 22日 11:36 JST
 
  • Mixiチェック

「欧州問題が落ち着けば、市場の次の関心は日本に向かう。危機が始まる前に行動を起こすべきだ」とシカゴ大学教授でニューヨーク連銀の経済諮問委員会委員を務めるアニール・カシャップ氏は警鐘を鳴らす。

消費税、デフレ対策、成長戦略に関する同氏の提言は以下の通り。

●危機が始まる前に消費増税を急げ

第一に、日本は財政の健全化を急がなければならない。支出を減らすとともに、消費税の増税が必要だろう。

私は消費税を段階的に引き上げ、向こう6年間で20%にする案に賛成だ。欧州問題が落ち着けば、市場は日本に注目し始めるだろう。日本政府は、危機が始まる前に行動を起こすべきだ。

●事実上のインフレ目標の達成は必須

第二に、日銀は(2月の金融政策決定会合で決めた事実上の)インフレターゲットを是が非でも達成しなければならない。米連邦準備理事会(FRB)による非伝統的な金融政策は、デフレ対策として有効であることが証明された。一方で、失策を繰り返した日銀の過去の議論は説得力に欠くことが分かった。

今のままでは、借り手から貸し手への意図せぬ所得移転は、わずかしかリバランスされないだろう。デフレにつながる政策の継続に賛成する理由は見当たらない。   続く...


 
 
写真

生かされぬ財政再建の教訓

日本の財政健全化策には、海外から得られる重要な「2つの教訓」が生かされていないと、BNPパリバ証券の河野龍太郎氏は指摘。   記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

アニール・カシャップ氏は、シカゴ大学ビジネススクール教授。ニューヨーク連銀の経済諮問委員会の委員のほか、シカゴ連銀の顧問も務める。米連邦準備理事会(FRB)のスタッフ・エコノミストなどを経て、1991年よりシカゴ大学で教鞭をとる。全米経済研究所(NBER)の日本経済ワーキンググループの共同幹事でもある。

外国為替フォーラム

写真
財政再建「2つの教訓」

今回の骨太方針には、財政健全化のための重要な「2つの教訓」が生かされていないとBNPパリバ証券の河野龍太郎氏は指摘。  記事の全文 

 
写真
ギリシャ瀬戸際外交は敗北へ

国民投票で緊縮策を拒んだギリシャの瀬戸際外交は勝利せず、ユーロの秩序は保たれると第一生命経済研の熊野英生氏は予想。   記事の全文 

 
ギリシャ離脱は非現実的=村田雅志氏
 
ギリシャ以外にも円高材料=中窪文男氏
 
ギリシャ破綻後のシナリオ=田中理氏
 
サービス生産性革命の曙光=嶋津洋樹氏
写真
ユーロ圏残留は困難に

緊縮策に国民が「ノー」を突き付けたことで、ギリシャのユーロ圏残留は難しくなるだろう。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
「ノー」が欧州に迫る決断

ギリシャの緊縮「ノー」でユーロ圏首相が下す2つの重い決断とは。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
中国株、なお「割高」

なお割高な中国株はすべての尺度で下落余地残る。  記事の全文 | 関連記事 

 
中国「軍事力」が米国に遠く及ばない理由
 
内政挫折のオバマ氏が狙う外交「遺産」
 
動き出した「非製造業」の成長エンジン

ロイターの公式アカウントはこちら!