Reuters logo
ギリシャ民間部門の債務交換手続き、24日開始の可能性
2012年2月23日 / 19:47 / 6年前

ギリシャ民間部門の債務交換手続き、24日開始の可能性

2月23日、ギリシャ第2次支援に含まれる民間セクター関与(PSI)で、同国債を保有する民間債権者の債務交換手続きが24日に開始される可能性がある。写真は同国旗。アテネで2010年10月撮影(2012年 ロイター/John Kolesidis)

[ロンドン 23日 IFR] ギリシャ第2次支援に含まれる民間セクター関与(PSI)で、同国債を保有する民間債権者の債務交換手続きが24日に開始される可能性がある。関係筋が23日、明らかにした。

民間債権者が保有する総額2060億ユーロギリシャ国債の債務交換手続きの幹事は、ドイツ銀行(DBKGn.DE)と英HSBC(HSBA.L)が務める。

今週初めに合意された1300億ユーロの第2次金融支援を受けるためには、ギリシャ政府はギリシャ国債を保有する民間債権者のほぼすべてから債務交換に参加するとの合意を取り付ける必要がある。

債務交換では、既存のギリシャ国債が、欧州金融安定ファシリティー(EFSF)が発行する債券、およびギリシャ政府が新たに発行する国債と交換される。

参加率が低迷した場合、自発的に債務交換に参加しない民間債権者に強制的に損失を負担させる集団行動条項(CAC)が適用される可能性がある。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below