Reuters logo
G20財務相会議、IMF財源強化で合意へ=メキシコ財務次官
2012年2月23日 / 22:07 / 6年前

G20財務相会議、IMF財源強化で合意へ=メキシコ財務次官

[メキシコ市 23日 ロイター] メキシコのロドリゲス財務次官は23日、メキシコ市で今週末に開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、国際通貨基金(IMF)の財源強化に関する確約が得られるとの見通しを示した。

25─26日に開かれるG20会議のホスト国であるメキシコは、IMFの財源強化と、欧州諸国による一段の危機対策を同時に進展させる必要があるとの立場を示してきた。ただ、一部IMF加盟国は、欧州諸国が欧州救済基金の規模を拡大させない限りはIMFの財源強化はないとの立場を取っている。

欧州連合(EU)首脳は3月1─2日に、欧州救済基金の規模拡大について協議する予定だが、ロドリゲス財務次官は、IMFを強化する必要性に関する認識は得られるとの見方を示した。

週末のG20会議後に採択されるコミュニケにIMFの財源強化に関する言及はあるかとの質問に対しては、「支援メカニズム強化に向けたコミットメントを発信できることを望んでいる。26日にコミュニケを発表する時にそうなるよう望んでいる」と述べた。

IMFは、欧州債務危機への支援に向け最大6000億ドルの財源を新たに確保する必要があるとしているが、財源強化には米国やカナダなどが反対姿勢を崩していない。

この件についてカナダ財務省高官は23日、IMFの財源強化に関してG20は合意に近づいていないとの見解を示している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below