Reuters logo
欧州委がスペインの新緊縮策を歓迎 予算案を前向きに精査
2012年4月10日 / 12:57 / 5年前

欧州委がスペインの新緊縮策を歓迎 予算案を前向きに精査

[ブリュッセル 10日 ロイター] 欧州委員会は10日、スペインが発表した新たな緊縮財政措置を歓迎し、同国の2012年予算案を前向きに精査しているとの見解を示した。

スペインは3月末に公表した2012年予算案で270億ユーロの節減を目指す考えを示したが、これに加え9日、医療・教育部門で100億ユーロを追加削減する案を検討していることを明らかにした。

欧州委のベイリー報道官は定例記者会見で「欧州委はスペイン政府が昨日発表した新たな措置を確認し、好意的に受け止めている」と語った。

そのうえで「昨日の決定は、必要な改革を実施するというスペイン政府の決意および、2012年に財政赤字を(対GDP比で)5.3%に縮小させるというコミットメントを裏付けていると考える」と述べた。

また、スペインの2012年予算案をめぐる精査は続いているものの、同予算案に対し前向きな見解が示されていることを明らかにした。

報道官は、4月中には地方予算や医療・教育改革の詳細をスペイン政府から受け取り、財政健全化に向けた包括案を把握できる見通しとし、「(現時点での情報は)中央政府の予算案であり、これは当然、一つの要素にすぎない」と指摘。各地方の予算案や改革のさらなる詳細を盛り込んだ包括的な計画を待つ考えを示した。

さらに、欧州委としてスペインに関する見解をまとめる上で、欧州連合(EU)統計局が今月23日に発表するEU加盟27カ国の2011年公的債務および財政赤字の統計がより強固なベースになると述べた。

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below