Reuters logo
人民元は対ドルで続落、終値6.3115元
2012年4月10日 / 13:32 / 5年前

人民元は対ドルで続落、終値6.3115元

[上海 10日 ロイター] 10日の上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで続落して引けた。この日発表された中国の貿易統計はまちまちな内容で、中国人民銀行(中央銀行)が短期的には人民元の上昇を許容しないか、せいぜい小幅な上昇しか認めないとの見方に変わりはなかった。

銀行間取引での人民元の対ドル相場終値は1ドル=6.3115元と、前日終値の6.3085元に比べ0.003元の元安・ドル高だった。

人民銀行はこの日、人民元の対ドル基準値を6.3048元に設定。これは前日の基準値6.3021元に比べ0.0027元の元安・ドル高。

3月の中国貿易統計は、輸出が予想を上回る伸びを示したが、輸入の伸びは13カ月ぶりの大きさだった前月から鈍化した。

市場の反応は控えめ。ディーラーらは、中国国内の外為市場の需給は企業の需要が主導しており、企業はマクロ経済統計の変動に金融機関ほど敏感ではないと説明した。

ある上海のアジア系銀行のディーラーは、「市場の反応は大きくはなかったものの、この統計はあまり良い内容ではなかった」と述べた上で、他のディーラーは別の見方だと付け加えた。

人民元は今年の最初の取引日に過去最高値の6.2914元を付けた後で、6.29元から6.34元の狭いレンジ内で変動しており、目先、大きな値動きを示す兆候はほとんどない。市場参加者は人民元が2012年通年で2~3%の上昇になると予想している。同ディーラーは、「現在、人民元がさらに上昇すると考えている人は多くない」と語った。この悲観的な見方を反映し、人民元はこの日も、基準値よりも元安・ドル高の水準で取引された。

オフショアのドル・人民元のノンデリバラブル・フォワード(NDF)市場では、1年物NDFが取引終盤で、人民元が1年後に0.40%下落することを織り込んだ水準で取引された。

人民元の対円相場終値は100円=7.7720元(前日終値は7.7637元)、対ユーロ相場終値は1ユーロ=8.2579元(同8.2518元)。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below