Reuters logo
原油先物は大幅安、中国の需要減退懸念高まる
2012年4月10日 / 22:13 / 5年前

原油先物は大幅安、中国の需要減退懸念高まる

4月10日、原油先物相場は大幅下落。世界第2位の原油消費国である中国の需要減退懸念が重しとなった。写真はニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物トレーダー(2012年 ロイター/Shannon Stapleton)

[ニューヨーク 10日 ロイター] 10日の原油先物相場は大幅下落。世界第2位の原油消費国である中国の需要減退懸念が重しとなった。

北海ブレント先物は2.79ドル安の1バレル=119.88ドルで清算。終値で2月17日以来の安値をつけた。また下落率は2.27%に達し、1日の下落率としては昨年12月14日以来の大きさとなった。

米原油先物の清算値は1.44ドル安の同101.02ドルとなり、2月14日以来の安値で引けた。

3月の中国貿易収支統計によると、輸入の伸びは市場予想を下回り、第1・四半期の需要がぜい弱だったことを示唆した。ただ原油輸入は依然として過去3番目に高い水準だった。

前週末に発表された3月の米雇用統計がさえない内容となるなど、世界経済をめぐる懸念が高まる中、中国の輸入データが相場のさらなる圧迫材料となった。

また米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が同日公表した月次報告書で、2012年、13年の世界原油需要見通しを下方修正したことも嫌気された。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below