Reuters logo
スイス中銀のフラン上限設定は適切、成長後は撤廃を=IMF
2012年5月8日 / 22:24 / 5年前

スイス中銀のフラン上限設定は適切、成長後は撤廃を=IMF

[ワシントン 8日 ロイター] 国際通貨基金(IMF)は8日、スイス国立銀行(中央銀行)がスイスフランの上昇を抑制するために対ユーロ相場の上限を設定したことについて、スイスの低成長とデフレリスクを踏まえると、適切な措置だったとの見方を示した。

ただ、成長と物価情勢が安定した際には、スイス当局は上限を撤廃する必要があると提言。撤廃のタイミングを計ることは難しいとし、撤廃に際しては十分に配慮するよう促した。

IMFはスイスに対する定期的な見直しのなかでこうした見解を表明。スイス経済については、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)と経済政策は良好ではあるものの、ユーロ圏債務危機のリスクに直面していると指摘した。

また、国内の銀行部門いはぜい弱性が存在するとし、スイスの銀行は規制当局が定める資本規制は満たしているものの、大手行が保有する質の高い資本は「比較的層が薄い」と指摘した。

国内的には、緩和的な金融政策により不動産バブルが形成されつつある可能性があると警告。こうしたバブルは、国内事業に軸足を置く銀行と保険会社をリスクにさらす恐れがあるとした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below