Reuters logo
ロンドン株3日続落、世界的な景気先行き懸念の高まりで
2012年11月16日 / 18:17 / 5年前

ロンドン株3日続落、世界的な景気先行き懸念の高まりで

[ロンドン 16日 ロイター] 16日のロンドン株式市場は世界的な景気先行き懸念が高まるなか、3日続落して終了した。

FT100種総合株価指数.FTSE終値は72.16ポイント(1.27%)安の5605.59。週初からの下落率は2.8%となり、1週間の下落率としては5月以降最大となった。

英国の主要貿易相手国である米国では「財政の崖」問題が重くのしかかり、この日に発表された10月の米鉱工業生産指数は予想に反して低下。欧州では今週発表された統計で、ユーロ圏経済が再びリセッション(景気後退)に陥ったことも確認された。

ショア・キャピタルのストラテジスト、ジェラード・レーン氏は、「現在の相場は適正な水準にあるとみている」とし、「米国の鉱工業生産が鈍化し、設備投資が急速に減少していることにより、年初から9月までにみられた米経済に関するプラスの兆候が鳴りを潜めたことがリスクとして挙げられる。欧州のリセッション入りは織り込み済みだ」と述べた。

企業買収を手がけるメルローズNYN.Lは11.5%安。2013年の収入の見通しが不透明としたことが嫌気された。

上下水道・廃棄物処理のぺノン・グループ(PNN.L)は4.4%安。前日の業績見通し修正を受け、アナリストが同社に対する投資判断を引き下げたことで売りが出た。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below