Reuters logo
9月米ミシガン大消費者信頼感指数確報値、5月以来の高水準維持
2012年9月28日 / 17:02 / 5年前

9月米ミシガン大消費者信頼感指数確報値、5月以来の高水準維持

9月28日、ロイター/ミシガン大学の9月の米消費者信頼感指数(確報値)は78.3となり、速報値の79.2から下方修正されたものの、5月以来の高水準は維持した。写真はカリフォルニア州の商店前で2月撮影(2012年 ロイター/Mike Blake)

[ニューヨーク 28日 ロイター] ロイター/ミシガン大学の9月の米消費者信頼感指数(確報値)は78.3となり、速報値の79.2から下方修正されたものの、5月以来の高水準は維持した。

エコノミスト予想は79.0。8月は74.3だった。

9月は消費者期待指数が73.5と、前月の65.1から大きく上昇。速報値の73.4から上方修正され、5月以来の高水準を維持した。失業率について、低下するとの予想を示した消費者の数が上昇するとの予想を上回り、経済については、拡大するとの予想が縮小するとの予想の2倍となった。

住宅価格と株価の上昇を受け、特に年収が7万5000ドル以下の世帯の信頼感が5年ぶりの水準に上昇した。

ただ景気現況指数は85.7と、前月の88.7から低下。家計の状況が9月に改善したとの回答は29%にとどまり、前月の30%から低下した。ただ、向こう1年間では、世帯の4分の1が改善するとの予想を示した。

1年インフレ見通しは3.3%と、前月の3.6%から低下。5─10年インフレ見通しは2.8%と、3.0%から低下した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below