Reuters logo
米株は反落、弱い指標受け景気懸念高まる
2012年9月28日 / 23:42 / 5年前

米株は反落、弱い指標受け景気懸念高まる

9月28日、米国株式市場は反落して終了した。写真はニューヨーク証券取引所。20日撮影(2012年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 28日 ロイター] 28日の米国株式市場は反落して終了した。9月のシカゴ地区購買部協会景気指数が3年ぶりに節目となる50を割り込むなど、軟調な経済指標を受けて景気をめぐる懸念が高まった。

ダウ工業株30種.DJIは48.84ドル(0.36%)安の1万3437.13ドル。

ナスダック総合指数.IXICは20.37ポイント(0.65%)安の3116.23。

S&P総合500種.SPXは6.48ポイント(0.45%)安の1440.67。

9月はダウが2.6%、ナスダックが1.6%、S&Pが2.4%それぞれ上昇した。第3・四半期の上昇率はダウが4.3%、ナスダックが6.2%、S&Pが5.9%。

一方、週間ベースではダウが1.1%値下がりし、ナスダックも2%、S&Pは1.3%下落した。

この日の相場はスペインが主要銀行に対するストレステスト(健全性審査)の結果を公表したことを受けて、安値から戻す展開となった。ストレステストでは、スペインの銀行は最大593億ユーロ(763億ドル)の資本増強が必要とされたが、結果は大方の予想の範囲内だった。

カナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)RIM.TORIMM.Oが5%上昇した。前日発表した第2・四半期(9月1日終了)決算で、赤字幅が市場の予想を下回った。

ハイテク・サービスのアクセンチュア(ACN.N)は7%高となった。通年の業績見通しがアナリストの予想を上回った。

スポーツ用品メーカー大手の米ナイキ(NKE.N)は1.1%安。前日発表した四半期決算で中国向け出荷予定額が落ち込んだことが嫌気された。

ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、ナスダックの3市場の出来高はおよそ61億5000万株と、平均の63億8000万株を下回った。

(カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル).DJI

終値         13437.13(‐48.84)

前営業日終値    13485.97(+72.46)

ナスダック総合.IXIC

終値         3116.23(‐20.37)

前営業日終値    3136.60(+42.90)

S&P総合500種.SPX

終値         1440.67(‐ 6.48)

前営業日終値    1447.15(+13.83)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below