Reuters logo
米株横ばい、「財政の崖」めぐるFRB議長発言が重し
2012年12月12日 / 21:32 / 5年前

米株横ばい、「財政の崖」めぐるFRB議長発言が重し

[ニューヨーク 12日 ロイター] 12日の米国株式市場はほぼ横ばいで終了。バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が連邦公開市場委員会(FOMC)終了後の会見で、年明けに減税失効と歳出の自動削減開始が重なる「財政の崖」の影響を相殺するには金融政策では不十分との見方をあらためて示したことを受け、この日の上昇分がほぼ打ち消された。

12月12日、米国株式市場は、「財政の崖」問題をめぐるバーナンキFRB議長の発言が重しとなり、ほぼ横ばいで終了した。ニューヨーク証券取引所で撮影(2012年 ロイター/Brendan McDermid)

FOMC声明では年末で期限を迎えるツイストオペに代わる新たな債券買い入れ計画を発表し、S&P総合500種は一時7週間ぶり高値をつける場面もあった。

S&P金融株指数.GSPFはFOMC声明発表後1%超上昇したが、結局0.5%高で取引を終えた。

ウォルマート・ストアーズ(WMT.N)は2.8%下落。インド政府が同社のロビー活動をめぐる調査を実施すると発表したことが嫌気された。

ダウ工業株30種.DJIは2.99ドル(0.02%)安の1万3245.45ドル。

ナスダック総合指数.IXICは8.49ポイント(0.28%)安の3013.81。

S&P総合500種.SPXは0.64ポイント(0.04%)高の1428.48。

FOMC声明では、9月に打ち出した月額400億ドルのモーゲージ担保証券(MBS)買い入れを継続すると同時に、新たに国債を月額450億ドル買い入れる方針を明らかにした。また、失業率が6.5%に低下するまで事実上のゼロ金利政策を継続する方針を示した。

しかしバーナンキ議長は会見で、「財政の崖」協議での合意を実現するために市場が大幅下落に追い込まれることがないよう願っていると発言。

BB&Tウェルス・マネジメントのシニアバイスプレジデント、バッキー・ヘルウィグ氏は「当初は量的緩和(QE)拡大が間違いなく好感されたが、出口戦略や現在の政策の有効性をめぐり依然として一定の不透明感があることが議長会見で示された」とし、「財政の崖」から転落した場合の深刻な影響にFRBとして対処できないという事実をバーナンキ議長はあらためて強調したとの見方を示した。

米与野党間では「財政の崖」をめぐる協議が加速したものの、共和党のベイナー下院議長は、オバマ大統領との間に依然「深刻な隔たり」があるとの認識を示した。

保険大手エトナ(AET.N)は3.2%高。同社は前日、2013年の業績について、増収増益になるとの見通しを示した。

ニューヨーク証券取引所、ナスダック、NYSE MKTの3市場の出来高は約65億8000万株。年初来の1日平均は65億2000万株となっている。

騰落銘柄比率はニューヨーク証券取引所が約15対16、ナスダックはおよそ2対3だった。

(カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル).DJI

終値         13245.45(‐2.99)

前営業日終値    13248.44(+78.56)

ナスダック総合.IXIC

終値         3013.81(‐8.49)

前営業日終値    3022.30(+35.34)

S&P総合500種.SPX

終値         1428.48(+0.64)

前営業日終値    1427.84(+9.29)

*内容を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below