Reuters logo
4月の米フィラデルフィア業況指数、予想外の低下
2013年4月18日 / 15:07 / 4年前

4月の米フィラデルフィア業況指数、予想外の低下

4月18日、米フィラデルフィア地区連銀が発表した4月の業況指数はプラス1.3と前月のプラス2.0から低下した。写真はカンザス州の航空機組立ラインで3月撮影(2013年 ロイター/Jeff Tuttle)

[ニューヨーク 18日 ロイター] 米フィラデルフィア地区連銀が18日発表した4月の業況指数はプラス1.3と前月のプラス2.0から低下した。

市場予想のプラス3.0を下回った。

ゼロが業況判断の分かれ目となる。

新規受注がマイナス1.0で前月のプラス0.5から低下。従業員数もマイナス6.8と前月のプラス2.7から下がり、昨年11月以来の低水準となった。

支払価格はプラス3.1で2009年7月以来の低水準。

6カ月先の見通しも悪化、業況指数は19.5と前月の32.5から低下した。

*内容を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below