Reuters logo
ケロッグ、通年予想引き下げ 第2四半期は北米不振で減収減益
2014年7月31日 / 15:57 / 3年前

ケロッグ、通年予想引き下げ 第2四半期は北米不振で減収減益

[31日 ロイター] - 世界最大手のシリアルメーカー、米ケロッグ が31日発表した第2・四半期決算は、為替や買収などの関連費用除く調整後売上高が1.5%減少した。米国内のシリアル販売が5四半期連続で減少したことが重しとなった。

通年の調整後売上高の増加はもはや見込めないとし、1─2%減になるとの見通しを示した。従来予想は1%増だった。

通年の調整後利益見通しも1株当たり3.81─3.89ドルとし、従来予想の3.89─3.97ドルから引き下げた。

第2・四半期の米国のシリアル販売は4.9%減。ヨーグルトなど、他の朝食関連商品の人気に押された。

同社最大の市場である北米の純売上高は3.7%減の23億5000万ドル。

全体の純売上高は0.8%減の36億9000万ドル。トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想の37億1000万ドルを下回った。

同社帰属の純利益は16%減の2億9500万ドル(1株当たり0.82ドル)。特別項目を除く1株利益は1.02ドルと、市場予想と一致した。

同社株価は一時約5%下落した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below