Reuters logo
企業物価指数が消費税除き0.2%下落、1年8カ月ぶりマイナス
2014年12月10日 / 00:11 / 3年前

企業物価指数が消費税除き0.2%下落、1年8カ月ぶりマイナス

 12月10日、日銀が発表した11月の企業物価指数速報によると、国内企業物価指数は前年比でプラス2.7%となった。都内で8日撮影(2014年 ロイター/YUYA SHINO)

[東京 10日 ロイター] - 日銀が10日公表した11月の企業物価指数(速報)は前年比で2.7%上昇、前月比で0.2%下落した。4月に引き上げられた消費税の影響を除いた指数は前年比0.2%下落し、2013年3月以来1年8カ月ぶりのマイナスとなった。原油を中心に国際商品市況の下落が円安による輸入価格の押し上げを相殺した格好だ。

ロイターが事前に集計した市場予想の中間値も前年比2.7%の上昇だった。

消費税を除いた指数は、前月比でも0.3%下落し、4カ月連続のマイナスとなった。前月比で下落した主な品目は、ガソリンや軽油、化学製品、鉄スクラップなど。原油価格の急落が石油・化学製品を軒並み押し下げたほか、中国需要減を背景とした鉄鋼原料の下落が響いた。銅や金の国際商品市況も下落していいるが、円安効果によりこれら非鉄の地金は前月比で上昇した。

円建てでの輸入物価指数は前月比で2.6%上昇し、2カ月ぶりのプラスに転じた。前年比でも5.1%上昇し、上昇幅は10月の4.1%から拡大した。

*内容を追加します。

竹本能文

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below