Reuters logo
焦点:パラドックス抱える小池百合子氏、日本の政治揺さぶるか
2017年10月11日 / 01:05 / 8日前

焦点:パラドックス抱える小池百合子氏、日本の政治揺さぶるか

 10月11日、政治家、小池百合子氏のチャレンジとは。キャスター時代、ベルリンの壁崩壊のニュースを報道し「世界は大きく変わっている。その中で日本は一体どうなるのか。私は伝える側から、ニュースメーカーになった」とロイターのインタビューで語った。10日、都内で街頭演説を行う小池氏(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 11日 ロイター] - 東西ドイツを隔てるベルリンの壁が崩壊した1989年11月、小池百合子氏は37歳、経済番組のキャスターだった。このニュースを報道したことが、政治家を志すきっかけだったという。

「私が政治家になった1992年、その前に何があったか、ニュースキャスターで何を伝えたか、ベルリンの壁の崩壊です。世界は大きく変わっている。その中で日本は一体どうなるのか。私は伝える側から、ニュースメーカーになった」──。小池氏はロイターのインタビューで語った。

「日本の政治の動きがあまりに遅いので、私は外から批評をするより、アクセルレーターとして、中でプレイヤーとして直接携わろうと決めた」という。

小池氏をよく知る10人近い人や、今年に入ってから行った3回の本人とのインタビュー、そして過去の小池氏の政治家としての経歴の検証から浮かび上がってきたのは、多くの点でパラドックスを抱える1人の人物像だった。

国際的な考え方を持ちつつ、ナショナリストの面もある。起業家精神にあふれている一方で、古いオトコ社会の先輩の助けをかりてステップを上る。果敢にリスクを取るかと思えば、今回の総選挙で国政に出るという大きな賭けには出ようとしない。

彼女を良く知る人たちの一致した小池評、それは有権者、特に支持政党を持たない浮動層に対し、政策よりもイメージでアピールする卓越した「マーケティング能力」だ。

たとえば7月の東京都議会議員選挙で大勝利をおさめた「都民ファーストの会」のシンボルカラーであるグリーン。衆院選に向け立ち上げた希望の党のカラーでもある。

日本新党代表から1993年に首相になった細川護煕氏の当時の側近、成田憲彦氏は、小池氏のトレードマークになっている『百合子グリーン』は、細川氏が考えた当時の日本新党の色だった、と話す。

細川氏がまとめた野党連合は、結党以来政権の座を維持していた自民党を初めて倒し、与党となったが、政権は短命に終わった。

「日本新党のグリーンを最も使いこなし、かつ似合ってたのは小池さんだろう。当時からそういうセンスはあった」と成田氏は語る。

小池氏は希望の党を自民党に対するチャレンジャーと位置付け、改革と保守の両方を標ぼうしているが、これは安倍首相の政策理念とほとんど変わらない。

安倍晋三首相が衆院を解散したその日、小池氏は数時間前に新党立ち上げを発表。メディアの目を首相から奪った。

希望の党の選挙公約には、「12のゼロ」として、なくすことを目指す項目が列挙されているが、そのうち1つは「花粉症ゼロ」。日本に数百万人いるといわれる花粉症に苦しむ人たちには、魅力的な政策に映るだろう。

小池氏は関西で商売を営んでいた家の出身。安倍首相をはじめとする多くの日本の政治家が代々政治家の家系出身であるのとは異なっている。

ある東京都政のアドバイザーは、小池氏の血統はベンチャーキャピタリストの要素が大きいと分析し「彼女と話していると、日本人ではないような感じがする」と言う。

別の経済アドバイザーは「日本ではイニシアチブをとることを避けたがる人が多いが、彼女は恐れない」と話す。

2007年、日本初の防衛相として、小池氏は事務次官を辞任に追い込んだ。希望の党立ち上げの中核の1人となった若狭勝前衆院議員は、元次官が辞任後に業者からの収賄で逮捕されたことから、小池氏の政治家としての判断の正しさが証明されたと話している。

東京都知事となってからは、築地市場の豊洲移転問題でも衆目を集めた。最終的には移転を進めることになったため、膨大な時間とコストが無駄になったと批判された。

カイロ大学を卒業し、アラビア語と英語を話す小池氏は、グローバルな視点を持ち、ダイバーシティの重要性を主張する。外国人労働者に関しては、高度人材の受け入れには賛成の立場。

靖国神社は過去に国会議員として参拝しているが、ロイターとのインタビューで、もし首相になったら、外交などを総合的に判断して参拝は「控える」と述べた。

2002年に自民党に入るまで、いくつかの政党を渡り歩いてきた小池氏を日和見主義者と呼ぶ人もいるが、現実主義との見方もある。

政界では、細川元首相の他に、小沢一郎氏や小泉純一郎元首相を師と仰ぎ、アドバイスをもらっている。

いつの日か日本の首相になりたいとの野望を持ち、愛犬に「そうちゃん」と名付けている。由来は、総理大臣の「そう」からきているという。

多くの小池ウォッチャーが、安倍晋三首相になってから、政権に対する不満が募っているはずだと指摘する。

2012年の自民党総裁選では、別の候補を応援した。自民党の推薦が得られないまま、都知事選に立候補したのもこうした背景があるという。

今回、都知事を辞めて国政に打って出るという最大のリスクは、取らないと決めた。次の衆院選までには、態勢を整えるのかもしれない。

成田氏は、小池氏が細川元首相など政治家の先輩たちから学んだ最大のことは「勝負しなければならない時には勝負するということ」だと指摘する。

今回の選挙に出ないことは「ちょっと不思議」だとしながらも「次の勝負のために今を作ったのかもしれない」という。「それがうまくいくかはちょっとわからない。私の印象としては、今回の勝負は中途半端だったかも知れない」──。

*見出しを修正しました。

翻訳:宮崎亜巳 編集:田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below