その他
PR

SFの大家、小松左京さん死去

2011年 07月 28日 20:42 JST
 
  • Mixiチェック

 「日本沈没」「復活の日」などのSF小説や文明論で知られる作家の小松左京(本名実)さんが26日午後4時36分、肺炎のため大阪府箕面市の病院で死去した。80歳。大阪市出身。葬儀・告別式は近親者のみで済ませた。京大文学部卒。多くの職業を経て、1962年作家デビューし「日本アパッチ族」でSF界の旗手に。大ベストセラーになった「日本沈没」「さよならジュピター」など多くの作品で人気を博した。

 
写真

次の地政学的「火種」はどこか

ウクライナ危機が継続する中、エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト3国では、ロシアの動きに対する警戒感が強まっている。
  記事の全文 | 特集ページ 

注目の商品

写真
「2年・2%こだわらず」

安倍首相の経済ブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一・米イエール大名誉教授は、今後のアベノミクスは供給力の強化に向けて成長戦略に注力すべき局面にあるとの認識を示した。  記事の全文 

ロイターの公式アカウントはこちら!