その他
PR

SFの大家、小松左京さん死去

2011年 07月 28日 20:42 JST
 
  • Mixiチェック

 「日本沈没」「復活の日」などのSF小説や文明論で知られる作家の小松左京(本名実)さんが26日午後4時36分、肺炎のため大阪府箕面市の病院で死去した。80歳。大阪市出身。葬儀・告別式は近親者のみで済ませた。京大文学部卒。多くの職業を経て、1962年作家デビューし「日本アパッチ族」でSF界の旗手に。大ベストセラーになった「日本沈没」「さよならジュピター」など多くの作品で人気を博した。

 
写真

パイロット解放なら死刑囚釈放も

ヨルダン政府報道官は、「イスラム国」に拘束されているパイロットが解放されれば、死刑囚を釈放する用意があると述べた。
  記事の全文 | 特集ページ 

注目の商品

写真
悲観論が見落とす成長余力

伊藤元重・東京大学大学院教授は、2015年の日本経済に好材料は複数あり、企業・個人のマネーが本格的に動き出す可能性には期待が持てると指摘。  記事の全文 

ロイターの公式アカウントはこちら!