SFの大家、小松左京さん死去

2011年 07月 28日 20:42 JST
 
  • Mixiチェック

 「日本沈没」「復活の日」などのSF小説や文明論で知られる作家の小松左京(本名実)さんが26日午後4時36分、肺炎のため大阪府箕面市の病院で死去した。80歳。大阪市出身。葬儀・告別式は近親者のみで済ませた。京大文学部卒。多くの職業を経て、1962年作家デビューし「日本アパッチ族」でSF界の旗手に。大ベストセラーになった「日本沈没」「さよならジュピター」など多くの作品で人気を博した。


 
 
写真

生かされぬ財政再建の教訓

日本の財政健全化策には、海外から得られる重要な「2つの教訓」が生かされていないと、BNPパリバ証券の河野龍太郎氏は指摘。   記事の全文 | 特集ページ 

注目の商品

写真
サービス生産性革命に現実味

日本経済にとって長年の課題であるサービス産業の生産性向上は脱デフレで現実味を増すとSMBC日興証券の嶋津洋樹氏は分析。   記事の全文 

ロイターの公式アカウントはこちら!