Reuters logo
カンボジアの工場労働者が警官隊と衝突、23人負傷
2013年5月28日 / 02:02 / 4年前

カンボジアの工場労働者が警官隊と衝突、23人負傷

[プノンペン 27日 ロイター] - カンボジアの首都プノンペンの西側に位置するコンポンスプー州にあるスポーツ用品大手ナイキ(NKE.N)のウエアを製造する衣料品工場で27日、賃金をめぐりストライキを起こした従業員約3000人が警官隊と衝突し、少なくとも23人が負傷した。従業員らが明らかにした。

同工場の自由労働組合(FTU)の組合長、サン・バニー氏によると、従業員らは今月21日以降、ストライキを繰り返していた。同氏はロイターに対し、負傷者の中には妊婦も含まれており、流産したと話した。

ナイキの広報担当者はロイターに対し電子メールで、同社はこの問題を「懸念」しており、調査中だと述べた。同社は委託製造業者に対し、結社の自由の権利を尊重するよう求めているとしている。

カンボジアでは、欧米の衣料・靴メーカーの下請け製造工場で賃金や労働条件をめぐるストライキが多発している。

同州では今月、アシックス(7936.T)の靴を製造する工場の倉庫の屋根が崩落し2人が死亡した。また、先月にはバングラデシュで1000人以上が死亡するビル崩壊事故が起きたばかりで、衣料品を製造するアジアの工場が抱える安全基準の問題も改めて浮き彫りになった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below