Reuters logo
日経平均は反発、先物主導の売買一巡後はしっかり
2013年5月28日 / 02:47 / 4年前

日経平均は反発、先物主導の売買一巡後はしっかり

5月28日、前場の東京株式市場で日経平均は反発。都内で23日撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 28日 ロイター] - 前場の東京株式市場で日経平均は反発。先物市場での短期売買一巡後はしっかりとし た値動きとなった。ドル/円が101円台後半と強含んだことなどを背景に自動車や電機 など輸出株が堅調に推移し、指数を支えた。

日経平均のPERが15倍台に低下している うえ、国内企業業績の上方修正期待などを背景に好業績銘柄を拾う動きも散見されたとい う。

一方、朝方には日経平均が下げ幅200円に迫り、一時1万4000円割れ。その後 は切り返し、前日比220円高まで上昇するなど先物主導で荒い値動きとなる場面もあっ た。テクニカルでは25日移動平均線(1万4373円24銭=28日前場)が上値の重 しとみられている。下値は目先1万4000円が意識されているが、「一段の下落リスク もあり、13週移動平均線のある1万3500円水準まで下げてもおかしくはない。急落 でポジションを整理しきれていない投資家も多いとみられ、調整期間は長引きそうだ」( ちばぎんアセットマネジメント・調査部長の奥村義弘氏)との声が出ていた。

個別銘柄では、レーザーテック(6920.T)が前日比13%超上昇した。同社は27日、 6月30日現在の株主に対し1対2の株式分割を実施すると発表した。効力発生日は7月 1日付。流動性向上などに期待する買いが入った。

東証1部の騰落数は、値上がり676銘柄に対し、値下がりが890銘柄、変わらず が142銘柄だった。

*写真を差し替えて再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below