Reuters logo
ロンドンで極右団体らが反イスラム教デモ、英首相に批判も
2013年5月28日 / 05:47 / 4年後

ロンドンで極右団体らが反イスラム教デモ、英首相に批判も

5月27日、英兵刺殺事件で反イスラム感情の高まるロンドン中心部で、極右団体のメンバーらおよそ1千人が反イスラム教デモを行った(2013年 ロイター/Luke MacGregor)

[ロンドン 27日 ロイター] - 英ロンドン中心部で27日、極右団体のメンバーらおよそ1千人が反イスラム教デモを行った。22日に英兵がイスラム教徒を名乗る2人の男に白昼刺殺されたのを受け、英国では反イスラム感情が高まっている。

ロンドン市内の英首相官邸前には極右団体イングランド防衛同盟(EDL)の支持者らが集結し、「殺人者のイスラム教徒は我々の町から出ていけ」などとシュプレヒコールをあげた。参加者の1人は「イスラム過激派はおそらく英国にとって1番の脅威だ」と述べた。

反イスラム感情の高まりを背景に、ニューキャッスルでも25日、反イスラムデモに約2千人が参加。またイングランド北部のグリムズビーでは、イスラム関連施設に火炎瓶が投げ込まれ、2人が逮捕された。

一方、キャメロン首相がスペインの保養地・イビザ島で休暇を楽しむ姿が報じられ、新聞各紙からは、国民の不安が高まる中で休暇に出かけた首相の指導力に疑問を呈する声が上がってる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below